厚木・愛川・清川版 掲載号:2021年8月6日号 エリアトップへ

6月議会報告 8050問題を質す 厚木市議会議員 無会派 後藤由紀子

掲載号:2021年8月6日号

  • LINE
  • hatena

 前号に続き一般質問の内容を報告いたします。

【3】「8050問題」とは

 ひきこもりをされている50代の子と80代の親が生計を共に生活をしている状況を言います。本市の相談件数を確認すると平成28年から令和2年にかけて20から25世帯と言う一定数の相談がある事が分かりました。福祉部長より市の自立支援の成功例を伺いました。

 保健所・住宅管理会社・障害者相談センター・病院・警察などの関係機関との連携で3年3カ月をかけて障害者就労継続支援事業所への雇用が決まった事例です。厚木市には、神奈川県央地域若者サポートステーション(通称サポステ)と呼ばれる厚生労働省と県が委託事業をしている相談窓口があります。サポステは就労支援窓口なので、そこに至らない方たちの支援は福祉の役割であると伝えました。

【4】パートナーシップ制度(婚姻に準ずる制度)について

 現在の進捗状況と誰のためのどのような制度かを確認しました。厚木市は「かながわにじいろトーク」という県の事業の開催地でありながら、パートナーシップ制度を導入していない唯一の市であり、県内で人口20万人以上の自治体で、この制度を取り入れていないのは、本市の他に平塚市だけです。この制度があることが全ての性的マイノリティに勇気と希望を与えることにつながり、制度をつくることが一般企業や市民への啓発につながると訴えました。「パートナーシップ制度」については次回具体的に触れます。

 8月で議員になり任期の半分を折り返しました。本日は厚木市議会第5回会議です。引き続き市民の皆さまの声を市政に届けて参ります。
 

宝安寺 樹木葬墓地 新区画

1区画(3霊)33万円~ ☎0120・514・194へ

http://www.514194.co.jp

<PR>

厚木・愛川・清川版の意見広告・議会報告最新6

東京都庁で記者会見

東京都庁で記者会見

コロナ対策特別委員 さとう 知一

9月10日号

『妊婦と赤ちゃんを救う。いのちを繋げる。』

大災害級のコロナウイルス感染拡大

『妊婦と赤ちゃんを救う。いのちを繋げる。』

パパ・ママの代弁者 神奈川県議会議員 山口たかひろ

9月3日号

ひっ迫する入院病床

ひっ迫する入院病床

コロナ対策特別委員 さとう 知一

8月27日号

国と自治体を動かす

国と自治体を動かす

コロナ対策特別委員 さとう 知一

8月13日号

自粛中でも『こころには栄養』を!

3回目の緊急事態宣言発令!コロナ相談ダイヤル0570―056774

自粛中でも『こころには栄養』を!

神奈川県議会議員 議会運営委員 山口たかひろ

8月6日号

8050問題を質す

6月議会報告

8050問題を質す

厚木市議会議員 無会派 後藤由紀子

8月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月20日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook