厚木・愛川・清川版 掲載号:2021年9月10日号 エリアトップへ

119の適正利用を コロナ搬送者数激増

社会

掲載号:2021年9月10日号

  • LINE
  • hatena

 厚木市では、新型コロナウイルスの感染拡大により、コロナ陽性者の救急搬送者数が急激に増えている。

 市消防本部救急救命課によると、管内におけるコロナ陽性者の救急搬送者数は、7月が24人だったのに対して、8月は128人に増加。過去最多を記録した。なかでも、自宅療養中に症状が悪化したケースが多く、搬送先の調整に時間を要するほか、搬送後の消毒に時間がかかるため、同課の川野正則課長は、「案件が重なると厳しい」と現状を話す。

 こうした救急搬送体制のひっ迫に備え、同課では、救急車の適正利用を呼び掛けている。

 管内には、通常、急病人やけが人に対して、応急処置をしながら病院へ搬送するために、8台の救急車が配置されているが、現在は、案件が重なる可能性の高い日中のみ、非常用救急車を1台配置し、特別編成を組んでいる。非常用救急車は、8台すべて出払ってしまった場合に出動する。

 川野課長は、「救急車は限られた資源ですので、適正利用にご協力いただきたい」と話している。

熱中症にも引き続き警戒を

 今年は、大雨の影響などにより、熱中症に係る救急搬送者数は、昨年同時期に比べて少ない。8月30日時点で、昨年同時期が112人だったのに対して、今年は73人に減少。川野課長によると、今年は、少年(満7歳以上18歳未満)や成人(満18歳以上65歳未満)といった「無理をしがちな世代」の熱中症患者が比較的多かったといい、「まだまだ残暑が続くと思いますので、油断せず対策してほしい」とする。

■あつぎ健康相談ダイヤル24(24時間年中無休)【フリーダイヤル】0120・31・4156(無料)。公衆電話・一部のIP電話からは利用不可。
 

株式会社伊藤測量

厚木市で創業40周年を迎えました。ご支援ありがとうございます。

<PR>

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

ワンだふるな写真を展示

ワンだふるな写真を展示 社会

11月10日まで 「あつめ木」

10月22日号

高速大容量に環境整備

神奈川工科大

高速大容量に環境整備 教育

第1期竣工祝う

10月22日号

平和の尊さを後世に

平和の尊さを後世に 社会

清川で二つの企画展

10月22日号

治療と仕事の両立をサポート

治療と仕事の両立をサポート 社会

(一社)がんと働く応援団

10月22日号

ざる菊 色鮮やかに

ざる菊 色鮮やかに 文化

5000株が見ごろ

10月22日号

愛犬としつけを学ぼう

愛犬としつけを学ぼう 教育

11月13日に教室実施

10月22日号

義家ひろゆき

厚木市旭町1の15の17

https://www.yoshiie-hiroyuki.com/

立憲民主党・ごとう祐一

提案を実現 予算委員会質問時間No.1

https://www.jitsugen.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook