厚木・愛川・清川版 掲載号:2021年9月10日号 エリアトップへ

森の里小 ペッパー活用し道徳授業 「何ができるか」考える

教育

掲載号:2021年9月10日号

  • LINE
  • hatena
授業のようす(森の里小提供)
授業のようす(森の里小提供)

 厚木市の森の里小学校(三橋裕美校長)で8月31日、人型ロボット「Pepper(ペッパー)」を活用した道徳の授業が同市内で初めて行われた。子どもたちは授業を通して、「相手の立場を踏まえて、自分たちにどんな手助けができるか」を考えた。

 今回の授業は、神奈川県が提唱する「ともに生きる社会かながわ憲章」の理念普及の一環。県は包括連携協定を結ぶソフトバンク株式会社と、県教育委員会と連携し、小学生を対象とするペッパーを活用した教材を制作。今年4月から県内小学校道徳科でこの教材を活用した授業をスタートし、厚木市内では森の里小が初となる。

 同教材は、お互いに支え合い、助け合うことができる「ともに生きる社会」の実現に向けて、子どもたちが親しみやすいペッパーを活用しながら、「思いやりの心と親切」に係る意識の醸成を進め、憲章の理念を普及しようというもの。正式名称は、『Robo Blocksスクールテンプレート「思いやりの心と親切」』(時間/約40分)。具体的には、ペッパーにとっての困りごとを考えることなどを通じて、相手の立場を考え、思いやりのある行動をとろうとする心情や態度を育むことをねらっている。

ペッパーの困りごとは?解決策を考えよう

 同小では、6年生(38人)を対象に実施。まず、「ペッパーが一緒に生活したら困ることってなんだろう?」と子どもたちが実際の場面を想像しながら指摘。次にその解決策をみんなで考えた。さらに「もし街中で困っている人がいたらどうするか?」、「実際に自分は勇気をもって思いやりのある行動がとれるか」などについて、いろいろな場面でペッパーと触れ合い、やり取りをしながら各自考え、発表していった。

 子どもたちからは思いやりのある行動が次々と挙げられたが、行動に移すにはかなり勇気が必要との正直な言葉が多く出た。担当教諭は、「行動ができないから何もしないのではなく、相手のことを考えることだけでも思いやりであり、いろいろなかたちの思いやりがあることを考えることが重要」と諭した。

 終了後、子どもたちからは「障害のある人や高齢者に、最初は戸惑うかもしれないけど積極的に声をかけたい」「今までよりも人の役に立てることをやっていきたい」などの感想が聞かれた。

 三橋校長は「高学年になるほど本音を出しにくくなる中で、ペッパーくんだからこそ、深く冷静に、素直に考えられたのでは。心を耕すためにも考える授業は大切」と話していた。
 

株式会社伊藤測量

厚木市で創業40周年を迎えました。ご支援ありがとうございます。

<PR>

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

駅前に「にぎわい」灯す

厚木市

駅前に「にぎわい」灯す 文化

23日からイルミネーション

10月22日号

100周年に向け始動

東京工芸大学

100周年に向け始動 教育

記念サイトを立ち上げ

10月22日号

新たな住民交流の場創出

(仮称)プレミアムクラブ

新たな住民交流の場創出 社会

住民が発起人

10月15日号

SDGs本を小中学校へ

本厚木RC

SDGs本を小中学校へ 社会

4周年を記念して寄贈

10月15日号

日常生活の回復へ一歩

日常生活の回復へ一歩 社会

公共施設など再開

10月8日号

懐かしの学び舎再現

半原小学校旧校舎

懐かしの学び舎再現 社会

歴史的資産として活用

10月8日号

義家ひろゆき

厚木市旭町1の15の17

https://www.yoshiie-hiroyuki.com/

立憲民主党・ごとう祐一

提案を実現 予算委員会質問時間No.1

https://www.jitsugen.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook