厚木・愛川・清川版 掲載号:2021年10月1日号 エリアトップへ

厚木市 産後のサポート事業拡充 母子のデイケアサービス開始

社会

掲載号:2021年10月1日号

  • LINE
  • hatena

 厚木市は、10月1日から新たな産後ケア事業を開始した。出産後のお母さんと赤ちゃんが、体調を整え、育児の悩みや不安を解消することを目的に、市内の医療機関に滞在し、助産師等から専門的なケアやアドバイスを受けることができる。また市は、産婦健康診査の補助も新たに開始。市民が安心して子どもを育てられる環境を整え、定住の促進にもつなげていきたい考え。

 新たな産後ケア事業は、市内に住む出産後5カ月未満の母子が対象。市は、産後の心身不調や、育児に関する悩みや不安がある人、産婦健康診査の結果で医師から利用を勧められた人、家族等から十分なサポートが得られない状況にある人の利用を想定している。

 ケアの具体的な内容は、助産師等による母子の健康管理や生活相談、授乳方法のアドバイスや乳房ケア、赤ちゃんの発育状況の確認、抱っこや沐浴など育児方法の実技的なアドバイスなど。

 夜間授乳等で疲労が蓄積しているお母さんは、滞在中、一時的に赤ちゃんを助産師等に任せ、休息を取ることもできる。

 利用時間は、平日の午前10時から同日午後3時までの原則5時間。利用料は、1回2500円。利用可能な医療機関は、厚木市立病院、塩塚産婦人科、並木産婦人科の3カ所。出産時に入院した医療機関の利用が基本となるが、里帰り出産などで3カ所以外の医療機関等を利用して出産した人は、原則、市立病院を利用することになる。

 市健康づくり課によると、他の自治体でもこうした産後ケア事業は実施されており、宿泊を伴う形や助産師等が訪問する形もあるが、厚木市は、母子手帳の交付時のアンケートで希望の多かったデイケアの形を採用したという。

 また、最近は産後の入院期間が短い傾向にあり、育児の実技を十分身に付けることができないまま退院するケースもあるため、そうした母子のサポートの場としても想定している。

 利用方法は、事前に同課の母子健康包括支援センター・ひだまり広場に電話や面談で相談。申請書を提出後、利用日程や利用医療機関、内容調整を経て、実際の利用となる。問合せは、同広場【電話】046・225・2929へ。

産婦健診の補助もスタート

 厚木市は、産後2週間と1カ月の時点で行う産婦健康診査の助成と生後60日未満の乳児を対象に行う新生児聴覚検査の助成も開始。

 今年4月に行った妊婦健康診査の補助額の増額とあわせて、子育て世帯を妊娠期から切れ目なくサポートすることで、「なるべく早い段階での支援が必要な方へのサポートにつながれば」と同課は話している。問合せは、同広場へ。

株式会社伊藤測量

厚木市で創業40周年を迎えました。ご支援ありがとうございます。

<PR>

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

駅前に「にぎわい」灯す

厚木市

駅前に「にぎわい」灯す 文化

23日からイルミネーション

10月22日号

100周年に向け始動

東京工芸大学

100周年に向け始動 教育

記念サイトを立ち上げ

10月22日号

新たな住民交流の場創出

(仮称)プレミアムクラブ

新たな住民交流の場創出 社会

住民が発起人

10月15日号

SDGs本を小中学校へ

本厚木RC

SDGs本を小中学校へ 社会

4周年を記念して寄贈

10月15日号

日常生活の回復へ一歩

日常生活の回復へ一歩 社会

公共施設など再開

10月8日号

懐かしの学び舎再現

半原小学校旧校舎

懐かしの学び舎再現 社会

歴史的資産として活用

10月8日号

義家ひろゆき

厚木市旭町1の15の17

https://www.yoshiie-hiroyuki.com/

立憲民主党・ごとう祐一

提案を実現 予算委員会質問時間No.1

https://www.jitsugen.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook