厚木・愛川・清川版 掲載号:2021年10月1日号 エリアトップへ

恩名興福寺 子どもの守り神に 山門前に地蔵尊を建立

文化

掲載号:2021年10月1日号

  • LINE
  • hatena
地蔵歎偈を唱える
地蔵歎偈を唱える

 厚木市恩名の玉寳山 興福寺(佐野洋介住職/曹洞宗)では、古くなり危険な山門前の石塔の代わりに、新たな地蔵尊を建立した。9月19日には、同寺の役員らが集まり、地蔵尊に魂を入れる「開眼供養法要」が行われた。

 興福寺は1560年に永平寺(福井県)・総持寺(横浜市鶴見区)を両本山として創建された曹洞宗の寺院。

 山門前には約260年前に建てられた石塔があったが、倒壊の危険性もあり撤去が計画されていた。しかしながら「子どもの頃から馴染みのある石塔、何かできないか」や「小学校の登校集合場所であり、子どもの安全を願うものができないか」などの声が多く上がり、道祖神で子どもの守り神でもある地蔵尊の建立が計画され、地域からの地蔵尊が寄進されることとなった。

 開眼供養法要には、地蔵尊を寄進した松本氏をはじめ、同寺役員ら10人が出席。住職に合わせ「地蔵歎偈(じぞうたんげ)」を唱え、地蔵尊に魂が入れられた。「地蔵尊が子どもたちの守り神だけでなく、現代を生きる悩める人たちに寄り添って救ってくれる存在になれば」と佐野住職は話した。また松本氏は「子どもたちの集まる場所。地蔵尊が子どもたちの安全を見守ってくれれば」と話した。

地蔵尊に魂を込めた
地蔵尊に魂を込めた

湘南物流株式会社

昭和51年設立。食品輸送のトータルプランナー/アルバイト・正社員も募集中

http://www.shonanl.jp/

雨漏れ、飛散、屋根修理

屋根、壁で困ったらお電話を!

http://www.in-ex.co.jp/

<PR>

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

厚木市児童が初受賞

学校給食夢コンテスト

厚木市児童が初受賞 教育

地産地消にこだわり

12月3日号

12月中旬から着工

厚木愛甲環境施設組合

12月中旬から着工 社会

金田の新ごみ処理施設

12月3日号

本格化に向け準備進む

ワクチン3回目接種

本格化に向け準備進む 経済

給付金「想定しながら迅速に」

11月26日号

落書きゼロめざして

県道42号長坂立体付近

落書きゼロめざして 社会

地域が協力して壁画制作

11月26日号

コロナ対策で独自事業

愛甲郡

コロナ対策で独自事業 社会

支援金給付や応援券配布

11月19日号

来園者1千万人を達成

荻野運動公園

来園者1千万人を達成 社会

開園から32年で大台に

11月19日号

巻き爪矯正

オープン記念!巻き爪無料相談会実施中。12月末まで。「お気軽にご相談を」

https://pma-sakura.jimdofree.com/%E3%82%B5%E3%82%AF%E3%83%A9%E6%95%B4%E9%AA%A8%E9%99%A2/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook