厚木・愛川・清川版 掲載号:2021年10月8日号 エリアトップへ

10月12日までアミューあつぎで『創作人形展』を開催している 山口 和代さん 厚木市宮の里在住

掲載号:2021年10月8日号

  • LINE
  • hatena

「楽しいから」作り続ける

 ○…10月12日(火)までアミューあつぎのアートギャラリーで『創作人形展』を開催中。5年前に移り住んだ厚木で初の個展。18世紀末から19世紀初頭のヨーロッパの洋服が好きで、今回もそのテーマを中心に大小30点ほどの人形作品が展示される。顔の土台にも粘土は使わず、針金と綿のみで構成。あとは布のみで作り上げる。「赤毛のアンの世界や日本の明治〜大正期の風俗が大好き」とはにかむ。

 ○…30年ほど前、たまたま立ち寄ったデパートで創作人形作家の故・平井澄子さんの作品展を見て衝撃を受ける。すぐに平井さんが主宰する教室に入会を申し出るが、大人気でなんと”4年待ち”。それでも招待された作品展などに、平井さんの著書を参考に独学で作った人形を持ち込む。すると熱意に押され、間もなく「助手として手伝ってほしい」と言われ入門。念願の先生のもとに。「今でも作りたいイメージがどんどん湧いてきて、イメージに近づいていく過程が一番気持ちいい」と目を輝かせる。

 ○…子どものころから創作好きで一つのことに没頭していた。現在は、児童館の指導員を務める一方、人形制作に取り組む。「子どもたちと接すると楽しいし癒される。顔も参考になる」と笑顔。コロナ禍前はヨーロッパを中心に旅行にも出かけた。「今は厚木をすごく気に入っていて、散歩によく出かけるんですよ」と常に楽しそう。

 ○…周りの声も聴き、自分なりの世界づくりに生かす。しかし「展覧会のたびに満足いかない」とどん欲だ。「今後は特に日本の着物を使った作品にもチャレンジしていきたい。縫っている時楽しいから(笑)」。「作品を見た方が少しでもほっこりしてくれたらうれしい」。「楽しい」が伝わるはず。

株式会社伊藤測量

厚木市で創業40周年を迎えました。ご支援ありがとうございます。

<PR>

厚木・愛川・清川版の人物風土記最新6

伏見 華久(かきゅう)さん(本名:伏見久美子)

もりや亭でちぎり絵展を開催中の

伏見 華久(かきゅう)さん(本名:伏見久美子)

厚木市鳶尾在住

10月22日号

佐後(さのち) 佳親(よしちか)さん

10月1日付で厚木市教育委員会の教育長に就任した

佐後(さのち) 佳親(よしちか)さん

相模原市在住 59歳

10月15日号

山口 和代さん

10月12日までアミューあつぎで『創作人形展』を開催している

山口 和代さん

厚木市宮の里在住

10月8日号

鈴木 由美さん

設立45周年を迎えた相模国飯山白龍太鼓保存会の会長を務める

鈴木 由美さん

厚木市飯山在住 42歳

10月1日号

青木 浩行さん

⾃動⾞整備を通して社会に貢献する神奈川県自動車整備厚木支部の支部長を務める

青木 浩行さん

厚木市妻田東在住 60歳

9月24日号

山口 妙子さん

9月17日からロードギャラリーでシャドーボックス展を開催する

山口 妙子さん

厚木市愛甲東在住 52歳

9月17日号

義家ひろゆき

厚木市旭町1の15の17

https://www.yoshiie-hiroyuki.com/

立憲民主党・ごとう祐一

提案を実現 予算委員会質問時間No.1

https://www.jitsugen.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook