厚木・愛川・清川版 掲載号:2021年10月22日号 エリアトップへ

「おいしいお米になって」 南毛利地区で親子稲刈り

社会

掲載号:2021年10月22日号

  • LINE
  • hatena
子どもたちも一生懸命取り組んだ
子どもたちも一生懸命取り組んだ

 米づくり体験を通して、食と農地の大切さを知ってもらおうと10月16日、南毛利地区の田んぼで稲刈り、掛け干し乾燥作業が行われ、主催者らと応募した限定10組の家族が参加した。南毛利もち米づくりの会(望月千登志リーダー)の主催。

 南毛利地区には、温水・長谷水田耕地等が広がり、地域住民らは四季を通して田植えから稲刈りといった風景を見ることができる環境がある一方で、大多数が非農家。そこで近隣の人たちに米づくりを体験してもらいたいと体験会を企画し、今年が17年目となる。6月の田植えは、コロナの影響で役員関係者のみで実施。今回の稲刈りから地元家族らが参加した。

 当日は雨模様だったが、保護者らとともに子どもたちも鎌を使って稲刈り。額に汗しながら取り組んでいった。

 参加者らは久しぶりの集まりでもあり、楽しそうに作業をしていた。

 今後、今月末に脱穀・精米し、11月末にできた米を使った餅つき会を催し、参加者で食べて収穫を祝う予定。

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

県人会チャリティー

県人会チャリティー 文化

6月12日 市文化会館

5月20日号

元気にプレー

グラウンド・ゴルフ

元気にプレー スポーツ

ウクライナへの募金も

5月20日号

田植えにチャレンジ

田植えにチャレンジ 社会

昔ながらの方法で

5月20日号

20周年の節目祝う

20周年の節目祝う 文化

厚木市舞踊協会

5月20日号

こえだで工作体験

厚木法人会からのお知らせ

厚木法人会からのお知らせ 経済

―どなたでも参加できます―

5月20日号

園児募集中です!

厚木市岡田に企業主導型保育園が開園!伸び伸び育みます

https://teriha.jala.co.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook