厚木・愛川・清川版 掲載号:2021年11月19日号 エリアトップへ

荻野運動公園 来園者1千万人を達成 開園から32年で大台に

社会

掲載号:2021年11月19日号

  • LINE
  • hatena
1千万人目の来園者となった中村さん親子と祝福する小林市長(中央右)、あゆコロちゃん
1千万人目の来園者となった中村さん親子と祝福する小林市長(中央右)、あゆコロちゃん

 荻野運動公園(厚木市中荻野)の来園者が1千万人を達成し11月14日、競技場前で記念セレモニーが行われた。開園から32年をかけて1千万人の大台に到達した。

 記念すべき1千万人の来園者は厚木市鳶尾に在住の中村健志郎さん。この日、中村さんは子ども2人を連れて遊びに来たという。「1千万人目です」と声を掛けられて驚いたと言い、「自宅が近いので休日によく利用している。すべり台などの遊具があって、子どもと楽しめるのが良い」と話した。セレモニーでは、認定書、花束、記念品が送られた。来園者1千万人を祝福した小林常良市長は「開園以来、多くの方にお越し頂き、利用された皆さまそれぞれに思い出がある場所だと思う」と話すと、「健康に過ごすためには体を動かすことがとても大切。これからも安心安全に利用でき、来場された方が素晴しい時間を過ごしていただけるようにしていきたい」と抱負を述べた。

「荻運があるから」

 同園は1989年に開園。競技場、体育館、プール、テニスコート、多目的広場、野草園が園内にあり、厚木市民のスポーツ・レクリエーションの拠点として長く親しまれてきた。

 近年の来園者数は年間約40万人程度。同園では、「前年度に1千万人達成のセレモニーができるのでは」と予測していたが、新型コロナウイルス感染症が流行すると来園者数は足踏み状態に。大会やイベントが中止になったことが大きく、昨年の来園者数は約23万人と半数ほどになってしまった。その後はコロナの流行を気にかけながら、「いつになるか」と冷や冷やしながら1千万人の達成を待ったという。

 高橋克典所長は1千万人達成について、「開園から32年が経っていることもあり、改めて1千万人と聞くと凄い数字だなと思う。毎年コンスタントに何十万人と来園して頂いている中で、施設が継続できていることを思うととても感慨深い。この場面に立ち合えて嬉しい」と話す。そして、「『荻野運動公園があるから厚木が好き』と言ってもらえるような、より皆さんから親しんでもらえる公園をめざしていきたい」と話した。

園児募集中です!

厚木市岡田に企業主導型保育園が開園!伸び伸び育みます

https://teriha.jala.co.jp

<PR>

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

施設利用再び制限へ

まん延防止措置

施設利用再び制限へ 社会

県内全市町村適用で

1月28日号

家康の朱印状 指定文化財に

厚木市

家康の朱印状 指定文化財に 文化

博物館で2月1日〜公開

1月28日号

3回目接種 前倒し

厚木・愛川・清川

3回目接種 前倒し 社会

オミクロン株の流行で

1月21日号

開館50周年 更なる発展を

緑ケ丘公民館

開館50周年 更なる発展を 社会

「地域と共に歩む」

1月21日号

2分署が新築供用開始

厚木消防署

2分署が新築供用開始 社会

相川と南毛利

1月14日号

心を繋ぐ「結」の年に

清川村

心を繋ぐ「結」の年に 社会

新春村長インタビュー

1月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook