厚木・愛川・清川版 掲載号:2021年11月26日号 エリアトップへ

小鮎小 クリアめざして校内回る 2年ぶり ふれあいパーク

コミュニティ教育

掲載号:2021年11月26日号

  • LINE
  • hatena
狙いを定めてボールを投げる児童
狙いを定めてボールを投げる児童

 厚木市立小鮎小学校(江上純子校長)で11月13日、2年ぶりとなる「ふれあいパーク」が開催され、児童が校内でさまざまなアトラクションに挑戦した。

 ふれあいパークは同小PTA(水島康太会長)が主催。地域団体や近隣にある東京工芸大学、スポーツ団体と協力して、異学年児童や地域との交流をめざして毎年行われてきた。しかし、昨年は新型コロナウイルス感染症の影響で中止に。今年は規模を縮小して児童と教職員、保護者のみでの開催となった。

 当日は約250人の児童が参加。児童らはプラ板作り、ペットボトルシューティング、スライム作り、ヨーヨー釣りなど、校内に散らばったブースを回り、クリアをめざした。ダンボールシューティングに苦戦したという、5年の鬼塚鳴(なる)さんは「はじめてふれあいパークに参加してみて意外と楽しかった。一つずつブースを回って学校の広さを感じた」と感想を話した。

 「いつもより児童がはしゃいでいるように見えた」と笑顔を見せた水島会長は、イベントを振り返り「コロナの影響で学校イベントができず児童が我慢するなかで、感染者数の状況を見ながら準備を進めてきた。保護者の子どもたちへの思いが形になって良かった」と話した。

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

県人会チャリティー

県人会チャリティー 文化

6月12日 市文化会館

5月20日号

元気にプレー

グラウンド・ゴルフ

元気にプレー スポーツ

ウクライナへの募金も

5月20日号

田植えにチャレンジ

田植えにチャレンジ 社会

昔ながらの方法で

5月20日号

20周年の節目祝う

20周年の節目祝う 文化

厚木市舞踊協会

5月20日号

こえだで工作体験

厚木法人会からのお知らせ

厚木法人会からのお知らせ 経済

―どなたでも参加できます―

5月20日号

園児募集中です!

厚木市岡田に企業主導型保育園が開園!伸び伸び育みます

https://teriha.jala.co.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook