厚木・愛川・清川版 掲載号:2021年12月3日号 エリアトップへ

厚木神社での骨董市を主催する 福島 和幸さん 厚木市妻田西在住 66歳

掲載号:2021年12月3日号

  • LINE
  • hatena

古いものにワクワク

 ○…5月から毎月第4日曜日(12月のみ12日)に厚木神社で開催されている骨董市を一人で主催している。業者への呼びかけも自ら行い、20店舗近くが集まる。「日曜日は他の地域でも骨董市が開かれたりするので、業者に選んでもらうのも大変」と話す。「みんなが気持ちよく出店してくれるようにコミュニケーションに一番気を遣う」というが、「準備や片づけを手伝ってくれたり、応援してくれる業者の人たちもいるので、一人でもやれている」と笑顔が覗く。

 ○…「地元厚木に賑わいを創出したい。自分にできることは何だろう」という思いがあり、自身も古物商の資格を持つことから骨董市を思い立ち、場所探しに。だいぶ以前に厚木神社で行われていたことを思い出し、「復活させたい」と交渉。神社も快諾し開催が決まった。「懐かしく感じてくれる人もいるんじゃないかな」。

 ○…富山県生まれ。物心つく前に父親の転勤で厚木市に。子どものころから古いものに興味があり、古墳や化石が大好きに。また、中学生くらいからは古銭にはまり、アルバイトができる年齢になると、もらった給料で古銭を買いに行き集めるように。「うまく言えないけど、すごく惹かれる。ワクワクする」と満面の笑みで話す。両親は他界し、現在は一人暮らし。「時間があれば、化石を探しに行きたいなあ」と情熱は衰えない。

 ○…「何か特別なものはなくても穏やかな日常に当たり前のように溶け込んだ、出店者もお客さんも楽しめる、そんな存在の骨董市にしていけたらうれしい」。「苦労は?」の質問に「うーん」と考えたあと、「ないよ」。終始穏やかな表情に「自分が望んだ好きなこと」をやれてる喜びが垣間見られた。

厚木・愛川・清川版の人物風土記最新6

伊藤 真弓さん

NPO法人ライラック心の会の理事長を務める

伊藤 真弓さん

愛川町中津在住 53歳

1月14日号

小島 圭太さん

1月1日付けで、(公社)厚木青年会議所第54代理事長に就任した

小島 圭太さん

厚木市元町在住 39歳

1月7日号

深津 彰詞さん

清川村に拠点を移した(一社)しっぽ村の代表理事を務める

深津 彰詞さん

厚木市林在住 45歳

12月17日号

のむら うこさん

最新作で第6回絵本出版賞・審査員特別賞を受賞した絵本作家

のむら うこさん

厚木市毛利台在住 45歳

12月10日号

福島 和幸さん

厚木神社での骨董市を主催する

福島 和幸さん

厚木市妻田西在住 66歳

12月3日号

吉野 恵さん

市民団体・あつぎコミュニティメーカーの代表を務める

吉野 恵さん

厚木市妻田北在住 43歳

11月26日号

積水ハウスの上質な建物を実感!

施主様のこだわりなど生の声も聴くことができる特別な見学会

https://www.sekisuihouse.co.jp/liaison/14/3110020010/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook