厚木・愛川・清川版 掲載号:2022年1月21日号 エリアトップへ

基本大事に「一本取れる剣道を」 上荻野剣友会が教育奨励賞

スポーツ

掲載号:2022年1月21日号

  • LINE
  • hatena
受賞を喜ぶ上荻野剣友会のメンバー
受賞を喜ぶ上荻野剣友会のメンバー

 上荻野剣友会(吉田勝行代表)がこのほど、少年少女の剣道指導に尽力したとして、公益財団法人全日本剣道連盟から2021年度の少年剣道教育奨励賞を受賞した。吉田代表は「歴代の先生方の想いを継いで今日に至っている。その方々の努力や尽力が実を結んだ」と喜ぶ。

 同会は1984年に創設。前代表で、現在も子どもたちの指導にあたる教士7段の梅田忠雄さんらが立ち上げた。上荻野小学校の体育館で毎週火曜と土曜に稽古を行っている。在籍は指導者を含めて17人。「剣道を通じて、子ども・親・指導者が共に成長する場」を掲げ、活動している。

 なかでも稽古では心身の鍛錬を目的に「基本」を大事にしている。【1】正しい着装(身だしなみ)、【2】正しい礼法(礼儀・作法)、【3】大きな声(自分の意見・自信)、【4】大きな打ち(勇気)の4つを学び、それを日常生活に生かすことを重視する。

 長引くコロナ禍で、同会でも昨年は稽古ができない日々が続いた。久しぶりに稽古が再開すると「子どもらしく、みんな元気でコロナを感じさせないくらい、一生懸命やってくれている」と吉田代表。「これからも一本が取れる剣道をめざして、子どもも大人も共に成長していきたい」

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

カンボジアとの懸け橋へ

カンボジアとの懸け橋へ 経済

日本初の公認商業センター

6月24日号

指導技術向上を目指す

指導技術向上を目指す 教育

愛川ふれあいの村で研修

6月24日号

伝統と握手したい

伝統と握手したい 文化

保育園で相模人形芝居

6月24日号

あの名画を猫で表現

あの名画を猫で表現 文化

Tobioギャラリーで

6月24日号

新16区は3市に

衆院選

新16区は3市に 政治

愛甲郡が14区へ

6月24日号

子どもたちのために

マルベリーLCが寄付

子どもたちのために 社会

6月24日号

安心・安全な教育立国を目指す

小田原市出身・在住 井上よしゆき

https://inoue-yoshiyuki.jp/

愛甲石田駅前にOPEN

1日1組限定「おくりびと」がいる家族葬専用式場

https://www.fujimishikiten.co.jp/

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 音楽の森

    ♯みゅーじっくコラム♭

    音楽の森

    ピアニスト 倉本 卓(厚木市長谷在住)

    6月17日号

  • 横山 実のGOLF LIFE  Vol.17

    横山 実のGOLF LIFE Vol.17

    【17】 よりよいゴルフライフを〈最終回〉

    6月17日号

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook