厚木・愛川・清川版 掲載号:2022年4月8日号 エリアトップへ

厚木市消防団長に就任した 川田 啓一郎さん 厚木市飯山在住 62歳

掲載号:2022年4月8日号

  • LINE
  • hatena

地元に根差し、守り固める

 ○…市内8分団をまとめる団長は、一人の会社員だ。普段は物流拠点で働き、大型トラックやフォークリフトを操り、倉庫内で荷物を出し入れしている。仕事中に遠くで黒い煙が上っているのが目に入ると、全身に緊張が走る。長く消防団の現場を担った人だけが分かる感覚だ。これまで5分団(小鮎地区)の分団長を担い、この4年間は副団長を務めた。ここ数年はコロナ禍で恒例の操法大会は叶わず、団の活動には制限が伴っている。それでも市民の安全を守る責任が軽くなる訳ではない。「しっかり考え、頑張ります」と、言葉は短くて重い。

 ○…小鮎小・中学校の卒業生で、小さい頃は小鮎川が遊び場だった。深みで泳いだり、竿を振って鮎を釣ったのが懐かしい。24年前、自治会活動の先輩から「次はお前の番だ」と言われ、この道を歩み始めた。操法の訓練では巻かれたホースを担ぎ、形を崩さずに全力疾走。気をつけも敬礼も、きれいに見えるまで動きを磨いた。市の大会では最優秀賞を獲得、当時のメダルは今も団の詰所に置いてある。「今の仲間たちとの出会いも、消防団活動の賜物。職場の理解があって続けてこられた」と目を細めた。

3人の子を育てながら、休日になると訓練に出かけ、子どもには消防団員としての背中も見せてきた。「お父さん、かっこいい」が励みになった。

 ○…分団長だった頃に、地元の企業で火災が発生した事がある。しかし付近には消火用の水が乏しかった。頭に浮かんだのが小鮎川。すぐにホースを深みのある川底に伸ばし、鎮火につなげた。事前の訓練で地域を歩き、情報を吸収していたからこそ執れた指揮。総勢511人の組織のトップを担っても、足元はさらに深く、地域に根差そうとしている。

厚木・愛川・清川版の人物風土記最新6

岡本 秀夫さん

厚木市全国県人会連合会の会長を務める

岡本 秀夫さん

厚木市金田在住 86歳

6月24日号

藤巻 功さん

厚木市文化協会美術会の会長を務める

藤巻 功さん

厚木市恩名在住 69歳

6月17日号

馬場 将和さん

愛甲商工会青年部の部長に就任した

馬場 将和さん

愛川町中津在住 40歳

6月10日号

加藤 聡さん

神奈川県LPガス協会厚木支部の支部長に就任した

加藤 聡さん

厚木市妻田西在住 53歳

5月27日号

立石 良夫さん

厚木市グラウンド・ゴルフ協会の会長に就任した

立石 良夫さん

厚木市まつかげ台在住 74歳

5月20日号

田中佳子さん

市民功労表彰を受賞した北京2022パラリンピック大会アルペンスキー代表

田中佳子さん

(株)Tポイント・ジャパン 46歳

5月13日号

安心・安全な教育立国を目指す

小田原市出身・在住 井上よしゆき

https://inoue-yoshiyuki.jp/

愛甲石田駅前にOPEN

1日1組限定「おくりびと」がいる家族葬専用式場

https://www.fujimishikiten.co.jp/

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 音楽の森

    ♯みゅーじっくコラム♭

    音楽の森

    ピアニスト 倉本 卓(厚木市長谷在住)

    6月17日号

  • 横山 実のGOLF LIFE  Vol.17

    横山 実のGOLF LIFE Vol.17

    【17】 よりよいゴルフライフを〈最終回〉

    6月17日号

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook