厚木・愛川・清川版 掲載号:2022年4月8日号 エリアトップへ

山口の実行力!行動力!実現力! 厚木児童相談所の更なる強化『子どもの権利条例制定』に取り組む パパ・ママの代弁者 神奈川県議会議員  山口たかひろ

掲載号:2022年4月8日号

  • LINE
  • hatena

 『厚木児童相談所の移転新築』が実現し、ハード面の次はソフト面の充実が重要です。昨年9月の本会議一般質問で『児童虐待根絶!』をテーマに児童福祉司の人材育成等について最重要課題として知事に強く説き質問・要望しました。

 現在、厚木児童相談所では児童福祉司の配置人数を増やし体制強化を図っていますが、傷害事件や性的虐待など、一刻も早い対応が必要な事案も含まれ、相談が複雑・困難化する中で専門性を確保することが難しくなっています。また、一時保護や自宅等への立ち入り調査などの際には保護者と対立することも多く、子どもの安全を最優先に守るためには、児童福祉司が親に寄り添いながらも毅然とした態度で、丁寧に説明するなど粘り強い対応が求められます。児童福祉司に期待される役割と責任は重く、様々な事案に対応できるよう人材育成が大変重要です。研修と共に指導教育する職員として、OB職員、外部の専門人材を確保し育成することが有効であると強く説き、知事も即座に対応するとの答弁でした。

子どもの権利条例の制定に取組む

 子どもの権利に関する条約が国連で採択され、我が国においても批准されています。神奈川県には『子ども・子育て支援条例』はありますが「子どもの権利」という条項はありません。児相では身体・心理的虐待、性的虐待、ネグレクト等、相談対応件数は毎年増加し、経済的な貧困等に耐え続けている子ども、様々な背景が理解されず辛い思い、我慢を強いられ思いを受け止めてもらえない子どもがいます。一人の人間として尊重され、生まれながらにして幸せに生きる権利が保障されなければなりません。早期に虐待や体罰に気づき、保護するため、児相が中心となり各機関・団体と連携して子どもの成長を支え、子どもの権利を保障する条例制定に取り組んでまいります。今後もあらゆる手段を講じて全力で『子どものいのちと未来』を守る覚悟です。

映画と連携『児童福祉司』の奮闘を描いた話題作
映画と連携『児童福祉司』の奮闘を描いた話題作

山口貴裕事務所

厚木市中町4−6−11 4F 山口たかひろ事務所

TEL:046-225-1768

https://www.facebook.com/takahiro.yamaguchi.775

厚木・愛川・清川版の意見広告・議会報告最新6

県議選選挙区再編を受けて

県政報告

県議選選挙区再編を受けて

神奈川県議会議員 佐藤けいすけ

5月27日号

次のステージへ

次のステージへ

県会議員(無所属) さとう 知一

5月27日号

若者の叫び!ヤングケアラー対策支援条例制定に取り組む

山口の実行力!行動力!実現力!

若者の叫び!ヤングケアラー対策支援条例制定に取り組む

神奈川県議会議員 政務調査会副会長 山口たかひろ

5月20日号

ウクライナ支援

ウクライナ支援

県会議員(無所属) さとう 知一

5月13日号

新年度も全力投球

新年度も全力投球

県会議員(無所属)さとう 知一

4月29日号

ウクライナ支援

ウクライナ支援

県会議員(無所属) さとう 知一

4月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook