厚木・愛川・清川版 掲載号:2022年7月1日号 エリアトップへ

厚木なかちょう大通り商店街振興組合の代表理事に就任した 遊佐 貴幸さん 厚木市中町勤務 38歳

掲載号:2022年7月1日号

  • LINE
  • hatena

温故知新、商店街に新風を

 ○…駅前からイオン方面にのびる「厚木なかちょう大通り商店街」。30歳代で振興組合の代表理事を任され、受け止める期待と責任は相当なものだ。会議に出る機会も増え、直近では厚木一番街との合同によるプレミアム商品券の発行を控えている。鮎まつりの準備も進めているが、コロナ禍のブランクで例年通りとはいかない。商店街としてどう盛り上げるか、先輩たちの助言と積み重ねから学んでいる。

 ○…普段は美術工芸品を販売する相州美術の店頭に立っている。少年時代は寝ずに働く親を見て育ち、古銭を磨いたり、切手の仕分けを手伝ったのが懐かしい。歴史のキーワードに両手で触れていたせいか、日本史が得意だった。今は仕事で個人宅に買取に行くこともあり、思いもよらない逸品に出会う瞬間もある。鑑定に欠かせない知識はすべて独学。得意分野は器の世界で、好きな白磁の話は特に弾む。「キレイでカッコいい。あの白さも実はひとつずつ違うんですよ」

 ○…夜遅くに自宅に戻ると一人の父親に戻る。半年前に子どもが生まれ、ハイハイができるようになったばかり。「家で面倒をみてくれる妻には感謝しかありません」とぽつり。抱っこの多い奥さんは腱鞘炎だそうで、仕事中も気がかりだ。できる範囲の家事を担い、子の寝顔を見ると力が湧いてくる。いつか家族でドライブに行くのがささやかな目標だ。

 ○…様々な業界に生きる理事たちと、アイデアを融合させるのはこれからだ。商店街の将来像のひとつとして『笑』の一文字が浮かぶという。「通りかかるだけで面白い、笑顔になれる商店街はどうでしょう。いつか声を出せるイベントもできるようになるはず」。隠れた魅力を発見する、プロの言葉が頼もしい。

厚木・愛川・清川版の人物風土記最新6

小島 一彦さん

消防操法大会で優秀賞に輝いた愛川町消防団の団長を務める

小島 一彦さん

愛川町半原在住 54歳

8月12日号

雨野 千晴さん(本名:小野純子)

NPO法人ごちゃまぜの代表理事を務める

雨野 千晴さん(本名:小野純子)

厚木市松枝在住 41歳

8月5日号

加藤 毅さん

公益社団法人厚木市シルバー人材センターの理事長に就任した

加藤 毅さん

清川村煤ヶ谷在住 65歳

7月29日号

橋本 靖博さん

7月23日(土)愛甲三郎納涼祭りを主催・宿愛甲商工振興会の会長を務める

橋本 靖博さん

厚木市愛甲東在勤 62歳

7月22日号

馬鳥 良夫さん

7月22日(金)から個展を開く

馬鳥 良夫さん

厚木市厚木町在住 74歳

7月15日号

美咲 龍庵さん(本名:井内尚子)

厚木市連合吟詠会の会長を務める

美咲 龍庵さん(本名:井内尚子)

厚木市愛甲在住 75歳

7月8日号

あっとほーむデスク

  • 8月5日0:00更新

  • 7月29日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook