ホーム > 伊勢原版 > 人物風土記 > 松島由到(よしゆき)さん

伊勢原

40周年を迎える成瀬サッカー少年団の代表

松島由到(よしゆき)さん

石田在住 38歳
Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加

サッカーを好きになった場所

 ○…「団長や前代表、OB、保護者の方々の協力があってこそ。団を支えてくれた方々に感謝しています」。40周年を迎えた成瀬サッカー少年団。自身も入っていたチームの代表になって5年目になる。「サッカーが好きになった思い出の場所。これからも関わっていきたい」と笑顔で話す。

 ○…小学生から始めたサッカーは社会人までずっと続けた。少年団の手伝いに参加したのは大学時代。最初は技術を教えることに夢中だったが、今は生活面も大切に考える。「大事なのは挨拶。またスポーツで大切な自己判断を、普段の生活でも身に付けてほしい」と話す。団員は約100人。1・2年生の監督として練習や試合、遠征などで大忙し。子ども達は素直で「教える大人が曖昧だとついてきてくれない。ハッキリと伝えることが大切」という。多くの人の協力で成り立っているチーム、子どもだけでなく大人を含めた団全体のまとめ役として努力する。

 ○…大学卒業後はサラリーマンを経て、32歳で小学校の教師に。現在は大田小に勤務する。様々な経験から、「子どもたちに教えたい事ができた」と話す。チームで子どもたちと関わったことも教師へのきっかけのひとつ。「ダメなものはダメとはっきり言うことが大事。また、思っていることを言えるような話し合いの雰囲気を作ることを心がけています」と学校の様子を話す。

 ○…自分の教え子たちが戻ってきてコーチをやってくれる。大人になった彼らと同じテーブルを囲み食事をするのが嬉しい瞬間。「地元の仲間が心地良い」と、サッカーを通じて先輩や後輩、良い仲間と巡り会えた。サッカーをやっている以上、勝利と全国大会出場も目標だが、「自分の夢、目標に向かって努力できる子どもたちが育ってほしい。いろんなことに一生懸命になって仲間づくりをしてほしい」と笑顔で話す。
 

関連記事

powered by weblio


伊勢原版の人物風土記最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク

  • 大和
  • 海老名
  • 綾瀬
  • 座間
  • 厚木
  • 愛川・清川
  • 伊勢原