ホーム > 伊勢原版 > ローカルニュース > あぶ凧故郷へ

伊勢原

あぶ凧故郷へ

高部屋小学校
Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加
寄贈されたあぶ凧
寄贈されたあぶ凧

 市観光協会推奨みやげ品にも指定されたことのある「あぶ凧」がこのほど、秦野市在住の武勝美さん(74歳)から高部屋小学校に寄贈された。

 武さんが寄贈した12体からなる連凧は、あぶ凧職人だった三川由利五郎さん(西富岡)の作ったもの。武さんは「現在、あぶ凧職人はいません」と話し、「あぶ凧を見ることで子どもたちには郷土のすばらしい伝統を感じて、継承していってほしい」と話した。


 

関連記事

powered by weblio


伊勢原版のローカルニュース最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク

  • 大和
  • 海老名
  • 綾瀬
  • 座間
  • 厚木
  • 愛川・清川
  • 伊勢原