ホーム > 伊勢原版 > 人物風土記 > 国島 正富さん

伊勢原

第22代伊勢原市議会議長

国島 正富さん

坪ノ内在住 67歳
Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加

議会改革に全力尽くす

 ○…「みんなの期待を背負って頑張りたい。この4年間でしっかりと議会を改革し、その恩を返す」。第22代伊勢原市議会議長に就任した。「議員個人ではなく、権限は議会にある。しっかりと勉強してチェック機関としての役割を果たし、住みよい街を作っていきたい」と力強く話す。

 ○…生まれも育ちも坪ノ内。日本大学農獣医学部農芸化学科を卒業し食品会社へ就職。コンサルタント会社を経て、サラリーマン時代に見たものは、社会の変わり目で輝く様々な先駆者たち。それに触発され、ラーメンの専門学校に入り、レストランで修行をし、29歳で郊外型ドライブイン『ラーメン7』を開業した。「毎日来ても飽きない店を目指してこの名前にしたんだよ。一生懸命に頑張ることは若いときに必要なこと。生きる道は様々あるが、どこでも最低限の努力をしなければ」と振り返る。和食・ハンバーガー・居酒屋・ピザ…、今まで様々な業態を経験し、今は「桂花楼」を息子さんに任せ、業界の活性化に努力する。

 ○…神奈川県飲食業生活衛生同業組合の副理事長、で伊勢原支部長。32歳当時、独立独歩だった飲食業界の将来を見据え、業界の改善を願い組合活動に力を入れてきた。「日本の食文化を作ってきたのは個人店。後継者をまとめて文化を残していきたい」と、組合の立場から支援を行なっていく。

 ○…平成15年に伊勢原市議会議員に初当選。「政治の世界には昔から興味はあった」という。多くの経験で多くの人に出会い、周りからの声を受けて政治への道を志した。忙しい日々の中、リフレッシュは日帰り温泉なのだとか。現在、市では平成25年度から始まる伊勢原市新総合計画の準備が進む。「駅北口開発や大山観光など、市が抱える課題はたくさんある。市民の立場にたって正しい評価と監視に努めていきます」と話す。
 

関連記事

powered by weblio


伊勢原版の人物風土記最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク

  • 大和
  • 海老名
  • 綾瀬
  • 座間
  • 厚木
  • 愛川・清川
  • 伊勢原