ホーム > 伊勢原版 > ローカルニュース > 「最適な教科書を」

伊勢原

「最適な教科書を」

日本会議神奈川・西湘北支部
Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加

 日本会議神奈川・西湘北支部(小泉朝雄支部長)のメンバーたちが先ごろ、伊勢原駅南口で中学校の教科書採択などについて街頭演説を実施した。

 当日は12人が参加。「好きになる新しい日本の教科書を」などと書かれたのぼりを立て、歩行者たちに啓発チラシを配布しながらおよそ2時間にわたり「正しい教科書の採択を」などと呼びかけた。

 同支部は今年2月、市議会に対して今年度の中学校教科書採択に関する陳情を提出。教育基本法の趣旨にもっともふさわしい教科書の採択を求め、市議会3月定例会で採択された。

 同会の小泉支部長は「教科書を使って学ぶ子どもたちが、日本の伝統や文化を尊重し郷土を愛することができるよう、適切な教科書が使われてほしい」と話している。
 

関連記事

powered by weblio


伊勢原版のローカルニュース最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク

  • 大和
  • 海老名
  • 綾瀬
  • 座間
  • 厚木
  • 愛川・清川
  • 伊勢原