伊勢原版 掲載号:2011年7月29日号
  • googleplus
  • LINE

健康と成長願って 比々多神社で「泣き相撲」

文化

力士に持ち上げられる赤ちゃん
力士に持ち上げられる赤ちゃん

 三之宮比々多神社(永井治子宮司)で7月17日、「一心泣き相撲」が開催された。

 泣き相撲は、赤ちゃんの泣き声が邪を祓ったという故事に由来し400年以上の歴史を持つといわれ、泣き声を競いながら赤ちゃんの成長と健康を祈願する。 当日は60人の赤ちゃんが、この日付けられた四股名で土俵入り。大人に持ち上げられた時の表情を撮影する親の姿が多く見られた。
 

伊勢原版のローカルニュース最新6件

伊勢原版の関連リンク

あっとほーむデスク

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク