伊勢原版 掲載号:2011年11月18日号
  • googleplus
  • LINE

11年前の自分に出会う 成瀬小学校でタイムカプセル開封式

11年前の手紙を手に当時の先生を囲んだ
11年前の手紙を手に当時の先生を囲んだ

 市立成瀬小学校(齋藤実校長)で11月12日、11年前に当時の全校生徒約500人で封入したタイムカプセルの開封式『ようこそ11年前の私』が行われた。   当日は、式典の準備を進めた当時の校長先生やPTA役員らの挨拶の後、校庭の石碑からタイムカプセルが出された。カプセルの中身は、自分に宛てた手紙などで、保存状態も良かった。

 受け渡し会場となったランチルームは、当時の先生や友達、そして手紙との再会で盛り上がった。「手紙の内容は全然覚えていませんでした。携帯電話なども持っていなかった時代なので、懐かしい友達にも会え、来てよかった」と当時6年生で23歳の男性、当時1年生で17歳の女性は「別れた母のメッセージが書いてあり感動した」と話していた。この日のために、遠くは広島や宮城などからも足を運んだ人もいた。

 受け渡しの行われた11時から12時までの1時間で約160人分の手紙が持ち主に帰っていった。

 同実行委員会では、手紙を受け取れなかった人の為に19日(土)の午後1時から3時まで、成瀬公民館2階の和室で受け渡しを行う。問い合わせは同実行委員会/【電話】0463(94)1260・能條さんまで。
 

伊勢原版のローカルニュース最新6件

伊勢原版の関連リンク

あっとほーむデスク

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク