伊勢原版 掲載号:2011年12月16日号
  • googleplus
  • LINE

チームワークで一戦必勝 市内ソフトテニスクラブが全国へ

スポーツ

全国大会に出場する選手たち(12月9日撮影)
全国大会に出場する選手たち(12月9日撮影)

 伊勢原ジュニアソフトテニスクラブ(樹本謙二郎代表/44人)が、12月23日(金)から埼玉県で行われる団体戦の全国大会「第10回ケンコーカップ全国ジュニアソフトテニス大会」(主催/同実行委員会)に出場する。

 23チームが参加して行われた8月の県予選で、同クラブの男子チームが準優勝となり、2年ぶりの全国大会へ駒を進めた。この大会は団体戦の全国大会。各チームが2人一組のペアを3つずつ用意し、各ペアがそれぞれダブルスで対戦、先に2勝した方が勝利となる。

 同クラブの主将で団体戦に出場する福嶋優君(6年)は「良い成績を残したい。伊勢原からの応援をお願いします」と話す。

個人戦の全国も

 一方、来年3月に千葉県で行われる個人戦の全国大会「第11回全国小学生ソフトテニス大会」((財)日本ソフトテニス連盟)の県予選が11月に行われ、同クラブから男女合わせて5ペアが本戦出場を決めた。

 個人戦はダブルス形式。2人一組のペア同士が対戦し、先に4ゲームを先取した方が勝ちとなる。団体戦で全国を逃した女子選手たちは、個人戦でその悔しさを晴らすため、寒いなか行われた今月9日の練習で大きな声を出しながらラケットを振っていた。

 樹本代表によると、これまで男女とも県を突破する力はあっても、全国の壁にいつも跳ね返されてきたという。チームワークを重んじる指導方針に触れ「和の力でまずは1勝を」と話す。

 練習後、選手たちは拳を握り健闘を誓った。大会まであと1週間。来年の個人戦大会にむけ、男子陣の好スタートに期待がかかる。

 出場選手は以下のとおり(順不同・敬称略)

▼ケンコーカップ/福嶋優(竹園6年)、島村匠(同)、▼全国小学生ソフトテニス大会/森千夏(成瀬5年)、平本茜里(同)、市川双葉(成瀬4年)、赤城里桜(同)▼両大会/樹本晃希(桜台5年)、大崎将(成瀬5年)、細野奨太(同)、青木千尋(竹園5年)、鬼塚翔海(桜台5年)、和泉希(石田5年)
 

伊勢原版のトップニュース最新6件

伊勢原版の関連リンク

あっとほーむデスク

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク