伊勢原版 掲載号:2012年2月10日号
  • googleplus
  • LINE

大空に『福』 市内神社で節分祭

 節分の日の2月3日、市内各地の神社でも「節分祭」が行われ、福を求める多くの参拝者で賑わいをみせた。

 節分は「季節を分ける」を意味するもの。神社では、邪気を祓い、福を招く豆撒き追難式が行われる。当日は晴天に恵まれ、各神社では行事司の手により多くの福が空に舞った。

大山阿夫利神社

 まだまだ雪の残る大山阿夫利神社下社境内―。そんな寒さにも負けずに多くの参拝客が会場を訪れた。

 午前・午後の部に参加した行事司は約400人。ゲストには大相撲境川部屋の豊響関と寶智山関、歌手の伊藤美裕さんが招かれた。社殿で神事が行われた後、3000枚の福小判が盛大に撒かれた。

伊勢原大神宮

 地元住民から大神宮さんの愛称で親しまれている伊勢原大神宮―。

 午前の部では恒例となった市内幼稚園・保育園の園児による豆撒き体験が行われた。行事司を務める園児たちは、初めての経験に笑顔。一生懸命に福を撒いていた。

 午後の部には学校帰りの子ども達も数多く参加し、この日一番の盛り上がりを見せる。参拝客は手を上げて多くの福を呼び込んだ。

比々多神社

 今年も豆まきは計3回行われ、各回とも福を求め大勢の市民たちが集まった。

 歌手の平浩二さん、地元出身の落語家・三遊亭遊吉師匠、相撲協会理事・楯山大造親方(元関脇・玉ノ富士)、相撲協会審判委員・高田川勝巳親方(元関脇・安芸乃島)、現役の力士など、今年も豪華なゲストが登場。節分祭は終始大きな盛り上がりを見せるなか、参拝者は青く澄んだ空いっぱいに手を広げていた。
 

伊勢原版のローカルニュース最新6件

伊勢原版の関連リンク

あっとほーむデスク

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク