伊勢原版 掲載号:2012年5月25日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

予防する医療をめざす― 医療レポート 増加する心不全に対応 取材協力/伊勢原協同病院

竹内博樹副部長と内科スタッフ
竹内博樹副部長と内科スタッフ

 高齢化社会が進み、循環器疾患の罹患率は増え続けているという―。地域の中核医療機関として、救急医療体制を強化して診療にあたっている伊勢原協同病院(高畑武司病院長)の循環器内科副部長・竹内博樹医師に循環器医療についての話を聞いた。

 「循環器内科では急性心筋梗塞や狭心症、不整脈、心不全など幅広い疾患に対応します。中でも高齢者の心不全が増えています」と竹内副部長は話す。

 全国的にも増加傾向にあるという高齢者の心不全。心不全は心臓のポンプ機能の障害により引き起こされる症状で、原因は高血圧や狭心症、不整脈など多岐にわたるという。同院では三次救急機関とも連携して治療を進めている。「心不全の治療は原因ごとに変わってきます。手術だけでなく、退院後の内服治療が重要な場合もあります。生活習慣の改善も大切で、入院前と同じ生活を続けることで再発する場合もありますので、日頃から気をつけてほしい」と話す。

 また循環器疾患に限らず、年1回程度の定期健診は大切だという。「軽い動きでも心臓に圧迫感があるなど、日常生活で気をつけてほしい点は多くあります。気になることがあれば、当院循環器内科に相談してほしい」と話す。同院では、常勤・非常勤医が連携して診察にあたる。「丁寧で自宅や施設でも対応できるまでの治療はもちろん、患者さんに優しい病院として『予防する医療』をめざします」と竹内副部長は話す。
 

伊勢原協同病院

伊勢原市桜台2-17-1

TEL:0463-94-2111

http://www.iseharahp.com

伊勢原版のピックアップ(PR)最新6件

「スマホ」を使おう

参加無料

「スマホ」を使おう

2月16日号

自宅や実家の活用を考える

人生100年 「年金と貯蓄では不安」への備え

自宅や実家の活用を考える

2月2日号

「ファン感謝祭」開催

ドコモショップ

「ファン感謝祭」開催

2月2日号

初心者向け 陶芸教室

七沢森林公園

初心者向け 陶芸教室

2月2日号

「健康は自身でつかむ」

11月から常勤脳神経外科医が着任 医療レポート

「健康は自身でつかむ」

1月26日号

未就園「ぴよぴよ教室」受付開始

平成30年度 新学期4月教室 伊勢原立正幼稚園

未就園「ぴよぴよ教室」受付開始

1月26日号

伊勢原版の関連リンク

あっとほーむデスク

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク