伊勢原版 掲載号:2012年9月14日号
  • googleplus
  • LINE

福島県や宮城県で復興支援活動を続けている 塚越 慈徳さん 日向在住 61歳

善の支援 これからも

 ○…東日本大震災から1年6カ月、日向にある浄発願寺の本堂には檀家、関係者から寄せられた支援物資が並ぶ。「被災地のために、と皆様がこうして預けてくださる。責任をもってしっかり届けます」。震災発生直後の3月15日に福島県南相馬市を訪れて以来、時間を見つけては被災地に足を運んできた。福島、宮城の各地を30回以上にわたり訪れ、物資を笑顔で手渡してきた。「思い立って始めた活動も、今や大勢の方が力を分けてくださる。それがうれしい」と語る。

 ○…静岡県に生まれ、すぐに大磯町へ移り住んだ。小学校では勉強が苦手で、授業について行けなかった。いつしか友だちとの間にも距離ができ、孤独な心に両親の離婚も影を落とした。「大人を信じられない、毎日けんかばかり」の日々を過ごした。転機は中学生の時。「少年院で出会った恩師が、電気工事の資格を取るための訓練をしてくれたんです」。恩師は「勉強に必要だから」とハンマーなどの工具を手渡してくれ「お前を信じている」と言った。「その一言が善の心を引き出してくれました」

 ○…その後、一念発起し仕事にまい進、21歳で電気会社を設立した。だが、29歳の時に父が他界。迷惑をかけ続けても、最後まで信じてくれた父に「毎日お経をあげよう」とその年、仏教の道に進もうと決意。35歳で浄発願寺の住職となり、今は妻や息子と暮らす。

 ○…今年8月には、いまだ交通機関が復旧していない被災地に軽自動車5台を無償で贈った。今も被災地の人たちの目線に立ってその声に耳を傾ける。「苦ではないです。被災された方に少しでも希望を届け続けたいですから」。支援活動には息子たちを連れて行く。「現地の状況を見ると、復興はまだこれからだと思います。私の代だけで終わってはだめ」。次の世代にも善の支援をつないでいく決意だ。
 

伊勢原版の人物風土記最新6件

落合 順子さん

市立図書館で朗読体験連続講座の講師を務める

落合 順子さん

2月16日号

越水 真理さん

国際交流を行う「ワールドキャンパスいせはら」の代表を務める

越水 真理さん

2月9日号

藤原(ふじはら) 京子さん

伊勢原聖書キリスト教会でゴスペルクワイアを立ち上げる

藤原(ふじはら) 京子さん

2月2日号

半田 真一郎さん

県バスケットボール協会専務理事として神奈川県体育功労者表彰を受賞した

半田 真一郎さん

1月26日号

志村 功さん

1月1日付で伊勢原市観光協会事務局長に就任した

志村 功さん

1月19日号

吉川(きっかわ) 翔太(しょうた)さん

神戸青年会の会長を務める

吉川(きっかわ) 翔太(しょうた)さん

1月12日号

伊勢原版の関連リンク

あっとほーむデスク

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク