伊勢原版 掲載号:2012年9月14日号
  • googleplus
  • LINE

上粕屋でクマ捕獲 市は注意呼びかけ

社会

捕獲されたツキノワグマ
捕獲されたツキノワグマ

 上粕屋地区のみかん畑で9月9日、イノシシ捕獲用の罠に体長131cm、体重46kgのメスのツキノワグマ1頭がかかっているのを付近の住民が発見した。

 ツキノワグマは同日、猟友会などにより丹沢山地奥山の鳥獣保護区内に放された。県環境農政局によると、放獣したのは、丹沢のツキノワグマの生息数が約30頭と少なく絶滅のおそれがあるためだという。放獣の際、クマの嫌がるスプレーを散布するなどして人が怖いことを学習させたという。

 市ではこれまでもハイキングコースにクマ出没の注意を促す看板を設置するなどしてきたが、環境保全課では「いま一度注意を」と呼びかけている。

 問い合わせは伊勢原市役所/【電話】0463・94・4711環境保全課
 

伊勢原版のローカルニュース最新6件

伊勢原版の関連リンク

あっとほーむデスク

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク