伊勢原版 掲載号:2012年10月19日号
  • googleplus
  • LINE

安全・安心を呼びかけ 伊勢原駅でキャンペーン

社会

歩行者に啓発品を手渡した
歩行者に啓発品を手渡した

 市民に防犯を呼びかける街頭キャンペーンが10月11日、伊勢原駅周辺で実施され、防犯指導員部会・伊勢原地区事業所防犯連絡協議会・伊勢原警察署からおよそ30人が参加した。

 神奈川県では、10月11日から20日までを条例で「安全・安心まちづくり旬間」に定めている。毎年、この期間中は趣旨に沿った取り組みが行われる。

 当日は、振り込め詐欺警戒を促すチラシや防犯緊急用のホイッスルなど、啓発物品500セットを用意。参加者は伊勢原駅の北・南口にそれぞれ分かれて、歩行者や駅利用者に対し「犯罪に巻き込まれないように注意を」などと呼びかけた。

 キャンペーン冒頭にあいさつした高山松太郎市長は「地域の力をもって安心・安全な社会を」と話した。
 

伊勢原版のローカルニュース最新6件

伊勢原版の関連リンク

あっとほーむデスク

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク