伊勢原版 掲載号:2012年12月21日号
  • googleplus
  • LINE

収穫で食育を学ぶ JAいせはら成瀬地区GC組合

一生懸命に大根を引き抜いた
一生懸命に大根を引き抜いた

 JAいせはら成瀬地区GC組合(田中進組合長)は12月11日、市内成瀬にある組合の畑で、成瀬幼稚園(近藤哲朗理事長)の園児たちを招いての「大根掘り体験」を実施した。

 この事業は、農業に触れて、食育を考えるきっかけにしてほしいと、同GC組合が企画。この日は成瀬幼稚園の年中約80人が参加し、GC組合の指導のもと、ひとり2本のづつ大根を収穫した。大きな大根を力いっぱいに引き抜く園児たち、収穫後は笑顔で大根を持って帰った。近藤理事長は「土に触れることで、収穫の楽しさと、食育に必要な植物の生きる力を学ぶことができた」と話す。

 同GC組合は、夏にも市内の介護施設などに、農園で収穫したジャガイモなどを寄贈。今後も食育など、様々な活動を続けていく。
 

伊勢原版のローカルニュース最新6件

伊勢原版の関連リンク

あっとほーむデスク

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク