伊勢原版 掲載号:2014年3月21日号 エリアトップへ

大山ケーブルカー 50年ぶり新車両へ 来秋めどに運行

社会

掲載号:2014年3月21日号

  • LINE
  • hatena
2代目の現行車両
2代目の現行車両

 全国の観光客を大山中腹に運んできた大山ケーブルカーが、来年、半世紀ぶりに代替わりすることが決まった。1965年の営業再開から来年で50年の節目を迎えることと、車両の老朽化が重なり10億円規模の事業が決定。これに合わせて来年5月中旬から9月末までケーブルカーは運休する。来年5月の大型連休明けが現行車両のラストランとなる見通し。

 大山ケーブルカーは1931年に開通。当時は「大山鋼索鉄道」(写真)の名で大山参詣の足を支えた。太平洋戦争末期の1944年、戦況悪化による鉄材供出のため車両やレールが没収され、廃止に。1965年には2代目となる現在の車両で営業が再開された。

 大山ケーブル駅から大山阿夫利神社駅を結ぶ全長800m、高低差278mの運行経路は、三浦半島や房総半島を見渡せる眺望の良さもあり、これまで多くの人たちを魅了した。

 大山観光電鉄(株)によると、営業再開から今日までに延べ2500万人が利用。1989年度の69万6千人をピークに年々減少を続けたが、2012年度には42万人と5年ぶりに増加。今年度は、大山が県の観光の核事業に認定されるなどの追い風もあり、47万人にのぼる見通し。

 今回の車両更新にともない、来年5月中旬から9月末までケーブルカーは運休となる予定。その間、車両の入れ替えにくわえ、老朽化したレールや枕木などの交換も行われる。新車両による運行再開は来秋ごろ。

保存せず

 今回の総事業費はおよそ10億円。この一大プロジェクトに同社の小山八郎専務取締役は「新しいケーブルカーが大山地域の観光活性化に貢献できれば」と期待を込める。市では資金面を含めた支援をする方針。

 一方、現行車両はあと1年ほどで半世紀におよんだ役目を終える。今までの功労をたたえて、車両の保存を望む声もあるが、小山専務取締役によると、費用や場所などの点から「現在その予定はない」としている。

初代の車両(提供/大山観光電鉄(株))
初代の車両(提供/大山観光電鉄(株))

伊勢原版のトップニュース最新6

県道603号が一部開通

県道603号が一部開通 社会

関係者、住民らで式典

7月19日号

北條さんが“県民の警察官”

大山駐在所

北條さんが“県民の警察官” 社会

長年の山岳救助など評価

7月19日号

世界トップ選手が集結

クレー射撃

世界トップ選手が集結 社会

大山観光でおもてなし

7月12日号

大山に丸型ポスト移設

大山に丸型ポスト移設 文化

国際観光PRに活用

7月12日号

引揚救助で関東へ

市消防本部

引揚救助で関東へ 社会

3年ぶり全国目指す

7月5日号

市制50周年へ向け議論

市制50周年へ向け議論 政治

キャッチフレーズ候補を検討

7月5日号

7月から公共施設有料化

7月から公共施設有料化 政治

経費の一部 利用者負担

6月28日号

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

大納涼まつりに行こう

大納涼まつりに行こう

27日・28日 伊勢原大神宮

7月27日~7月28日

伊勢原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

伊勢原版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年7月19日号

お問い合わせ

外部リンク