伊勢原版 掲載号:2014年5月16日号 エリアトップへ

高校バレー関東大会 伊勢原と向上が出場 5月30日開幕

スポーツ

掲載号:2014年5月16日号

  • LINE
  • hatena
全員バレーの伊勢原(上)・向上
全員バレーの伊勢原(上)・向上

「古豪復活」目指す

 5月30日から茨城県と群馬県で行われる関東高校バレーボール大会の県予選が5月10・11日、県内各会場で行われ、伊勢原(女子)と向上(男子)が3位となり関東大会の出場権を獲得した。伊勢原は4年ぶり37回目、向上は6年連続12回目。

 インターハイ15回、春高バレー8回出場という輝かしい歴史を持つ伊勢原。関東大会の常連校だが、ここ数年は低迷。大和南と川崎市立橘の2強という県内女子バレーの勢力図を「古豪復活」で塗り替えたい。

 関東大会の経験者がいない分、予選前には不安もあった。しかし、2月の新人戦で3位と健闘し、勢いそのままに予選トーナメントを勝ち上がった。古谷ちなみ主将(3年)は「練習でやってきたことがコートでしっかり出せた」と勝因を分析。優勝した大和南、準優勝の市橘に次ぐ成績だが、「相手のペースに合わせてしまう点は課題。関東までに修正したい」と気を抜かない。

 「うちに飛び抜けた選手はいない。全員バレーをしっかり見せて、一つでも多く勝ちたい」と中坂慎次郎監督。古谷主将は「過去最高のベスト4が目標」と意気込んでいる。

全国見据え

 中学時代、JOCジュニアオリンピックカップの県代表に選ばれた小松大祥主将(3年)を擁する向上。県予選の準決勝では優勝した市橘に0-2で敗れるも、1セット目に19点、2セット目には20点を奪うなど粘りをみせた。

 「主将の小松を軸に2年間かけてチームを作ってきた」という三浦光広監督。予選を振り返り「選手一人ひとりの『勝ちたい』という気持ちがしっかり一つになっていた」とチームの一体感と仕上がりに手ごたえを感じている。

 昨年の関東大会では2回戦敗退に終わった。「現チームが関東の強豪にどこまで通用するか。過去最高のベスト16を目指したい」と三浦監督。それぞれ2回目となる「インターハイ・春高バレー出場」が合言葉の選手たち。気持ちを一つに、まずは関東で躍動する。

伊勢原版のトップニュース最新6

小学生の頂点決まる

いせはら独楽チャン

小学生の頂点決まる 教育

比々多小が団体で3連覇

1月21日号

新戦力加入で大幅補強

湘南ベルマーレ

新戦力加入で大幅補強 スポーツ

新シーズンへ体制発表

1月21日号

日照り十分 順調な年

大山阿夫利神社

日照り十分 順調な年 文化

伝統の筒粥神事

1月14日号

杉山兄弟が上位独占

ロボットコンテスト

杉山兄弟が上位独占 社会

初出場の目視部門で栄冠

1月14日号

2部制で分散開催へ

成人式

2部制で分散開催へ 社会

10日 オンライン配信も

1月7日号

花火で「元気届け」

大田地区

花火で「元気届け」 コミュニティ社会

クリスマスの夜空彩る

1月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月24日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook