伊勢原版 掲載号:2014年5月23日号 エリアトップへ

人間の強さ 紙芝居で 平松さん(東成瀬) 6月に初の個展

社会

掲載号:2014年5月23日号

  • LINE
  • hatena
作品は優しいタッチで描かれている
作品は優しいタッチで描かれている

 東成瀬在住の平松秀夫さん(66歳/写真)が6月6日(金)から18日(水)まで、自作の紙芝居を展示する初の個展を、図書館1階ミニギャラリーで開催する。14日(土)と15日(日)には実演読み聞かせも予定。平松さんの作品は、その多くが、逆境に立ち向かう人間や生き物の生に光を当てたもの。「来場された方一人ひとりに何かを感じていただけるのでは」と期待している。

 今回展示されるのは、児童文学作家・新美南吉原作の「かにのしょうばい」、「がちょうのたんじょうび」、平松さん原作「牛のなみだ」の3作品・43枚。

 「牛のなみだ」は、福島県の原発事故で避難を余儀なくされた人間と牛舎に取り残された牛の悲劇や葛藤を描いた作品。原作・作画・脚本を平松さんがすべて一人で手がけた。

 読み聞かせで取り上げるのは、震災で離ればなれになった愛犬と夫婦の物語「泣くなたろう」、砂漠化による貧困に苦しみながらも懸命に生きるアフリカの子どもを描いた「だいち」など3作品。「泣くなたろう」は大阪府箕面市主催の「箕面手づくり紙芝居コンクール」(2013)で特別賞を受賞している。3作すべての原作・作画を平松さん、脚本を妻の千瑛さん(61歳)が担当。当日は夫婦で読み聞かせを行う。

「母を楽しませたい」

 59歳の時。絵画に関心のあった平松さんが何気なく紙芝居の実演講習に参加したのがきっかけ。「これなら施設に暮らす母を楽しませることができる」と考え、夫婦二人三脚の紙芝居作りがスタートした。

 これまでにおよそ30作品を作った。1作品を仕上げるのに3カ月から半年かかり、15枚程度の紙芝居でも実際には50枚以上描き直すという。創作は多大な労力を伴うが「好きでやっていることですし、喜んでくれる人がいるから頑張れます」と平松さん。

 紙芝居作りにとどまらず、夫婦で京都や愛知など全国の高齢者施設を訪れ、読み聞かせも行っている。

 紙芝居で扱うテーマは震災や原発、途上国の貧困など時事問題が目立つ。「ですが困難に立ち向かう人間の強さや温かさを伝えるのが第一。そのうえで社会全体の問題を皆で考える機会になれば」と話している。

 個展は最終日のみ正午まで。読み聞かせは各日午後2時から。

伊勢原版のトップニュース最新6

再開発へ新たな船出

伊勢原駅北口

再開発へ新たな船出 政治

準備組合が設立

11月26日号

65歳以上 1月に発送へ

ワクチン3回目接種券

65歳以上 1月に発送へ 経済

給付金「迅速かつ確実に」

11月26日号

素人落語家が集結

素人落語家が集結 文化

28日に初の大会実施へ

11月19日号

大澤日菜さんが最優秀賞

県文化財保護ポスター事業

大澤日菜さんが最優秀賞 教育

1年生に続き2回目

11月19日号

防災情報など地図表示

伊勢原市

防災情報など地図表示 経済

国交省のシステム活用

11月12日号

東日本大会に出場へ

軟式野球伊勢原クラブ

東日本大会に出場へ スポーツ

市内5中学の選抜チーム

11月12日号

あっとほーむデスク

  • 11月19日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook