伊勢原版 掲載号:2014年6月20日号 エリアトップへ

国際緊急救援隊の医療班統括メンバーとして活躍する 大山 太さん 東海大学講師 大山在住 44歳

掲載号:2014年6月20日号

  • LINE
  • hatena

災害から人を救うため

 ○…世界で発生した大災害に、国として災害救援を行う国際緊急救援隊(JDR)。その中には警察・消防・海保のレスキュー隊で組織される救助チームがあり、特殊な訓練を受けた医師・看護師による救急隊医療班も在籍する。現在、日本国内に医療班として活動できる医師・看護師は約50人。県西部エリアでは唯一の看護師メンバーとなる。「国際的な災害救援はもちろん、得た知識を地域に知らせていきたい」と話す。

 ○…山形生まれ。東海大学山形高等学校から、平塚の同大医療技術短大への進学を機に神奈川へ。小学校では剣道、中学は器械体操、高校は合気道に打ち込んだ。大学時代は空手をしていたことも。東海大学医学部付属病院救急救命センターで看護師として11年働き、救助の仕事にも興味を持った。より高い知識をめざし、働きながら大学と2つの大学院も卒業した。

 ○…05年の四川大地震や11年のNZクライストチャーチ地震など、4回のJDR派遣活動に参加。きっかけは海保の知人に誘われたこと。「災害から多くの人を救う手助けがしたい」と、すぐに参加を決意。今では医療チームのコアメンバーの一人となった。普段は東海大学健康科学部看護学科の講師として、学生に救急災害などを教える。第一に教えることは「自分の命を守る事」。そして、「華やかな部分は目に見える一部だけ。見えない部分を大事にすること」。学生だけではなく、地域への知識の還元も模索中。「災害はどこかの国で起きているものではありません。首都圏直下型地震も話題になります。皆さんにも災害について考えてほしい」と話した。

 ○…大山の麓・大山地区に住んで約5年、3男1女のパパ。休日も看護学会などの活動で留守にすることも多い。「大山は地域で子どもを育ててくれる温かい場所。ありがたい」と微笑む。もうすぐ飛ぶという大山のホタルを家族で見に行くのが楽しみだ。

伊勢原版の人物風土記最新6

横溝 さやかさん

ともいきアートの象徴絵画を制作した

横溝 さやかさん

34歳

7月30日号

高橋 優花さん

東京五輪の聖火リレー代替イベントでトーチキスを行った

高橋 優花さん

高森在住 41歳

7月23日号

久保 大翔(ひろと)さん

桜台の「風海」でアニメーション作品展を開催している

久保 大翔(ひろと)さん

笠窪在住 21歳

7月16日号

鈴木 教之さん

自身の水彩画作品展をアゼリアで開催している

鈴木 教之さん

下糟屋在住 69歳

6月25日号

齊藤 靖男さん

伊勢原手作り甲冑隊の第4代隊長に就任した

齊藤 靖男さん

 77歳

6月18日号

瀬尾 茂さん

伊勢原市商店会連合会の会長に就任した

瀬尾 茂さん

桜台在住 58歳

6月11日号

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter