伊勢原版 掲載号:2014年9月12日号 エリアトップへ

「納得の演技」で魅了 鈴木ちひろさん(向上) 国際大会で健闘

スポーツ

掲載号:2014年9月12日号

  • LINE
  • hatena

 国際一輪車競技大会が7月30日から8月10日、カナダモントリオールで開かれ、向上高校2年の鈴木ちひろさん(17歳)が出場、個人部門で5位、ペア部門で4位と健闘した。

 32カ国、838人が参加したこの大会。鈴木さんが出場した2部門にはそれぞれ20人ほどがエントリー。ペア部門には、鈴木さんが所属する「新百合ヶ丘一輪車クラブ」の菅さやかコーチと出場した。

 演技は個人・ペアともに4分間。音楽に合わせて一輪車を操り、技の難易度や演技の芸術性を競う。鈴木さんは丈の長いスカートをはいて大会に臨んだ。一輪車の国際大会は、国内とは違い芸術性よりも技術面の方が高く評価される傾向がある。そのため、足を使った技を出しやすくするため、短いスカートをはく選手が多いという。

 「でも、表情やたたずまい、雰囲気といった芸術面を前面に出して自分を表現したかったんです」。鈴木さんは勝敗よりも、納得できる演技を選んだ。本番では、普段通り丈の長いスカートで会場を優雅に動きまわり、表情の一つひとつにまでこだわる細かい演技を披露した。十分な練習時間が取れなかった菅コーチとの演技も息ぴったりだった。

 結果については「納得の演技ができたので順位は気にしていません」と鈴木さん。現在は、11月23日から行われる全日本ソロ大会に向けて練習の毎日を送っている。「しっかりと練習を積んで悔いの残らない試合を目指します。一輪車の上で自分を表現できれば何よりですね」。
 

伊勢原版のローカルニュース最新6

市民音楽会を配信

市民音楽会を配信 文化

市公式YouTubeで

3月5日号

要請ある限り支援続ける

医療ボランティア

要請ある限り支援続ける 社会

精神科医 小綿一平さん

3月5日号

夏休みに被災地で活動

高校生ボランティア

夏休みに被災地で活動 社会

向上高生が9年間継続

3月5日号

会員寺院を紹介

市仏教会

会員寺院を紹介

新連載スタート

3月5日号

怒りの感情をコントロール

体温検知器を寄贈

平塚法人会青年部会

体温検知器を寄贈 社会

40周年記念し地域貢献で

3月5日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

  • 8月21日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク