伊勢原版 掲載号:2015年2月13日号 エリアトップへ

音楽の力を感じて 伊勢小で音楽芸術体験

文化

掲載号:2015年2月13日号

  • LINE
  • hatena
全校児童が参加しての事前練習
全校児童が参加しての事前練習

 伊勢原小学校(岩田利通校長・児童数667人)で1月28日、神奈川フィルハーモニー管弦楽団メンバーによる演奏・合唱指導が行われた。

 これは神奈川県の「子どもたちの音楽芸術体験事業」のひとつ。同校では子どもたちの情操教育の一環として、独自の音楽鑑賞会や朝会に歌う時間を設けるなど、音楽活動を多く取り入れている。こうしたなか、県の事業に応募し、県内で5校のうちの一つに選ばれた。2月26日には本公演として、同校体育館で神奈川フィルのオーケストラ演奏に合わせて合唱や演奏が行われる。

 同校では今回のワークショップに合わせ、児童から歌詞を募集して合唱のオリジナル曲「伊勢原小フレンズ」を制作。全校生徒で同曲を合唱するほか、低学年は「おもちゃの交響曲」、高学年は「ペルシャの市場にて」をオーケストラと一緒に演奏する。

 この日の事前練習には、神奈川フィルからホルン奏者の大橋晃一氏、ヴァイオリン奏者の鈴木浩司氏、また神奈川フィルに縁のあるピアニストの藤井美紀氏が講師として来場。児童たちのオリジナル曲の編曲も行った大橋氏が指揮を取り、リコーダーや合唱の指導を行った。大橋さんは「オーケストラの生演奏を体験して、音楽の面白さを知ってほしい。そして音楽の楽しませる力、夢を見る力を感じてほしい」と話す。

 歌づくり委員会で委員長も務める紅林奏也君(6年)は「演奏の仕方を教えてもらい、リコーダーで息をつなぐところが上手になった。オーケストラと合わせるのがとても楽しみです」と感想を話した。

伊勢原版のローカルニュース最新6

小学生向け学習動画を作成

【Web限定記事】

小学生向け学習動画を作成 教育

伊勢原市立子ども科学館

5月29日号

受付窓口を開設

【Web限定記事】

受付窓口を開設 政治

特別定額給付金で

5月29日号

「伊勢原家ごはん」を放送

「伊勢原家ごはん」を放送 社会

J:COMチャンネル

5月29日号

新型コロナウイルス関連情報

役員らが意見交換

大原町商和会

役員らが意見交換 経済

新しい生活様式受け

5月29日号

疫病祓うお経配布

【Web限定記事】

疫病祓うお経配布 社会

三ノ宮の能満寺

5月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月24日0:00更新

  • 4月10日0:00更新

  • 1月24日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク