伊勢原版 掲載号:2015年3月20日号 エリアトップへ

新1年生に交通安全の寄贈 秦野伊勢原トラック地区会・伊勢原交通安全協会

社会

掲載号:2015年3月20日号

  • LINE
  • hatena
市長に目録を渡す飯塚会長(右)
市長に目録を渡す飯塚会長(右)

 新学期にむけて「秦野伊勢原トラック地区会」(遠藤健史会長)と「伊勢原交通安全協会」(飯塚武彦会長)が、新1年生を対象に交通安全を啓発する連絡帳やランドセルカバーなどを寄贈した。

定期的に交通安全教室

 秦野伊勢原トラック地区会の遠藤会長、小嶋胤家副会長ら4人は3月10日、市役所を訪れ、高山松太郎市長に連絡帳を手渡した。これは、同会が啓蒙活動の一環として行っている取り組みで、通算5回目。今年も市立小学校に入学する819人に対し、交通ルールのポイントなどが入った「れんらくちょう」を贈った。

 高山市長は「学校でも役立ちます。ありがたい」と感謝を述べ、遠藤会長に感謝状を贈呈した。これに対し、遠藤会長は「ぜひ交通ルールを守ってください」と新入生に呼びかけた。

 地区会では、交通安全教室を定期的に開いており、昨年は6校で実施した。

さらに活動を充実

 伊勢原交通安全協会は、小学校の入学式を前に、市公式イメージキャラクター「クルリン」が描かれたランドセルカバー計900枚と、英語教材計900セットを各校に寄贈した。3月12日には飯塚会長ら5人の役員が市役所を訪れ、高山市長に目録を手渡した。

 高山市長から感謝の言葉を贈られた飯塚会長は「お子様が犠牲になる事故が絶対に起こってほしくない」と話し、自転車講習会など協会の活動をさらに充実させる考えを明らかにした。

 協会では新入学児童を交通事故から守るため、ランドセルカバーの寄贈を毎年行っている。またこの日は、県安全協会からクリアファイル900枚も寄贈された。

感謝状を受け取った遠藤会長(中央)
感謝状を受け取った遠藤会長(中央)

伊勢原版のローカルニュース最新6

「早期全線事業化を」

国道246号バイパス

「早期全線事業化を」 政治

促進協議会が要望

7月10日号

地域の混雑 ウェブで紹介

神奈川県

地域の混雑 ウェブで紹介 社会

感染防止ブックも公開

7月10日号

「こころ」を特集

「こころ」を特集 教育

市立図書館で展示・貸出

7月10日号

「不運」な失点に泣く

ベルマーレ

「不運」な失点に泣く スポーツ

リーグ再開、初勝利ならず

7月10日号

伊勢原市の人事

伊勢原市の人事 政治

係長級

7月10日号

バザー品 協力求む

伊勢原中

バザー品 協力求む 社会

卒業生の制服なども受付

7月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月12日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

  • 4月24日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月10日号

お問い合わせ

外部リンク