伊勢原版 掲載号:2015年4月10日号 エリアトップへ

4月1日付で第19代伊勢原市消防長に就任した 吉川 敏勝さん 神戸在住 55歳

掲載号:2015年4月10日号

  • LINE
  • hatena

「最大限の準備」で舵取り

 ○…現在、118人の消防署員が働く伊勢原市。「火災件数は減少してきたが、救急搬送は増加している」と指摘し「高齢社会にあってこの傾向は強まっていく」と警戒する。一方、容易に署員を増やせない現状にもふれ「現有戦力が高い志を持ち、最大限の仕事をしていくことが、今後ますます重要」と強調。関係機関との連携を密にして安心、安全な伊勢原を目指す方針を掲げる。

 〇…神戸に生まれた。実家は農家で、学校から帰ると耕運機の掃除などをよく手伝った。長男ということもあり、跡継ぎを意識して中央農業高校、東京農業大学に学んだ。だが、消防団員として地域防災に尽力していた父の背中を見て「消防の道に進もう」と一念発起。22歳で市の採用試験に合格した。これまで予防課勤務が多かったが、東日本大震災の直後には宮城県仙台市に入り、食料や燃料の輸送支援に務めた。被災地で痛感した「日ごろの備えがあってもどうにもならないことがある」という事実。しかし「それでも最大限の準備をするのみ」を肝に銘じ、職務を遂行してきた。

 〇…30歳で結婚し、2人の子どもに恵まれた。現在は2世帯で暮らしている。3月下旬、消防長の内示が出た時は「これから大変になるね。無理しないで」と家族全員が気遣ってくれた。実際、消防関連の行事は土日が多いうえ、これからは議会対応も加わる。気の休まらない日々が続くが「80歳を過ぎても現役で畑を守る父を見習って頑張ります」とにっこり。今後、消防団員との交流なども活発に行い「最大限の準備」を徹底していく。

 〇…趣味はドライブ。愛車のジムニーで国内を巡るのが年に数回の楽しみという。現在55歳。「これまでの人生で今が一番脂の乗った時期だと思って頑張りたいですね」と意気込んでいる。職責をやりがいにかえ、表情には緊張感と充実感。伊勢原の防災・救急に今日も全力で取り組む。

伊勢原版の人物風土記最新6

旗川 英明さん

伊勢原素人落語大会実行委員会の会長を務める

旗川 英明さん

田中在住 66歳

11月26日号

井上 渉(わたる)さん

県学校保健功労者表彰を受賞した

井上 渉(わたる)さん

伊勢原在住 68歳

11月19日号

重田 篤史さん

小学生女子サッカーチーム、成瀬エンジェルスの監督を務める

重田 篤史さん

石田在住 49歳

11月12日号

加藤 大詩(たし)さん

産業能率大学の学園祭・瑞木祭実行委員会の代表を務める

加藤 大詩(たし)さん

情報マネジメント学部3年 21歳

11月5日号

中尾 魁(かい)さん

伊勢原室内管弦楽団団員で、県のバーチャル解放区に投稿する動画を制作した

中尾 魁(かい)さん

大住台在住 21歳

10月22日号

登山口 かおりさん(本名:矢埜やの健太さん)

大山で登山初心者への声掛けや清掃活動をする

登山口 かおりさん(本名:矢埜やの健太さん)

沼目在住 39歳

10月15日号

あっとほーむデスク

  • 11月19日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook