伊勢原版 掲載号:2015年5月22日号 エリアトップへ

言葉がけの大切さ学ぶ 高部屋小でブラインドサッカー

教育

掲載号:2015年5月22日号

  • LINE
  • hatena
目隠しをして歩行体験
目隠しをして歩行体験

 視覚障害者が行う「ブラインドサッカー」の体験教室が5月12日、高部屋小学校(杉山通幸校長)で開かれた。

 ブラインドサッカーは、鈴の入ったボールで行われる5対5のサッカー。視覚障害者がプレーするため、選手間の声かけや気配りが重要となる。

 今回の体験教室には、同校の4年生75人が参加した。児童たちは「日本ブラインドサッカー協会」から派遣された講師と選手の指導のもと、目隠しをして歩いたりボールを蹴る体験などを行った。

 アイマスクを着用した児童たちは「少し右に進んでいるから左に向きを変えて」などと声をかけ合った。参加した星野航希君は「『伝えて、それが伝わることが大事』という選手の言葉を聞いて良い経験をしたと思った」と振り返った。

 今回の教室は4年生担任の山本翔五さん(28歳)が、協会に依頼して実現。山本さんは「コミュニケーションの大切さなど児童たちには色々なことを学んでほしい」と話していた。

伊勢原版のローカルニュース最新6

市に雑誌など寄贈

市に雑誌など寄贈 社会

伊勢原中央RC

7月3日号

定期人事異動は45人

伊勢原市

定期人事異動は45人 政治

7月1日付け

7月3日号

画面越しに元気届ける

画面越しに元気届ける 社会

市内音楽家が生配信

7月3日号

「今こそ絆が大切」

感染症対策を可視化

感染症対策を可視化 社会

県が事業者向けに

7月3日号

街頭犯罪の発生状況

6月7日〜6月20日

街頭犯罪の発生状況 社会

7月3日号

あっとほーむデスク

  • 6月12日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

  • 4月24日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月3日号

お問い合わせ

外部リンク