伊勢原版 掲載号:2015年6月5日号 エリアトップへ

笠窪商工振興会の会長に就任した 佐野 孝芳さん 笠窪在住 66歳

掲載号:2015年6月5日号

  • LINE
  • hatena

愛情込めて良いものを

 ○…「昔に比べて商店も減りましたが、ここはまだまだ地域の繋がりがある場所。みんなが協力して手伝ってくれます」。伊勢原の西の玄関口を守る笠窪商工振興会は、商工業者だけでなく、振興会にはめずらしい個人参加者もいるなど、23人で組織されている。5月23日に会長に就任。「明るく楽しい人たちばかり。先の会長が作ってきたものを、今まで通りしっかりと続けていければ」と話した。

 ○…生まれも育ちも笠窪。山王中を卒業し、16歳で家業を継ぐために佐野製菓へ。最初の仕事は『見て覚える』こと。もちろんすぐには上手く行かなかったそう。50年経った今も「まだまだ出来てないけどね」と謙遜する。昔ながらの無口な職人気質で、奥さま曰く「すごい照れ屋なんですよ」とのこと。毎朝6時に仕込み、9時頃には店を開け、店頭には常時15種類ほどのお菓子が並ぶ。名物の「いの子最中」は鶴巻の旅館街で出ていた猪鍋にちなんで、先代が作ったものなのだとか。奥さんと二人三脚「愛情込めて、良いものが作れれば」と微笑んだ。

 ○…今年で36年を迎えた笠窪商工振興会の設立からのメンバー。神明神社で夏に行われる同会の名物イベント「納涼盆踊り大会」では、ずっと綿あめを担当していてあまり踊ったことは無いそう。「毎年お祭りは盛り上がります。今年もみんなに教えてもらいながら頑張ります」と話す。目下の心配は後任の綿あめ係のよう。また、市内の菓子店などが集まる伊勢原菓子組合の会長も務め、緑花まつりやまが玉祭などのイベントにも数多く参加する。

 ○…趣味は6月に解禁となった「鮎釣り」と、店のすぐ横でやっている「家庭菜園」。どちらも一人でのんびりとやれるのが良い点だという。たまに遊びに来る孫の話になるとおじいちゃんの顔に。「お菓子を美味しそうに食べてくれる」と夫婦でほっこり。「あと10年かな。やれるだけやっていきたい」と静かに話した。

伊勢原版の人物風土記最新6

守屋 昭さん

県高齢者福祉関係功労者等表彰 老人クラブ活動の表彰「個人の部」をこのほど受賞した

守屋 昭さん

日向在住 82歳

12月6日号

青柳 光男さん

作詞家として朗読劇『太田道灌 勇哀ものがたり』を制作した

青柳 光男さん

高森在住 77歳

11月29日号

玉利 遥時さん

チェンバロ製作家としてコンサートで楽器の魅力を解説した

玉利 遥時さん

沼目在住 68歳

11月22日号

小林 智浩さん

11月24日(日)に定期演奏会を開くSANNOウインドオーケストラの事務局長を務める

小林 智浩さん

産業能率大学出身 36歳

11月15日号

江口 みなさん

産業能率大学第41回瑞木祭実行委員会の代表を務める

江口 みなさん

産業能率大学3年 20歳

11月8日号

中尾 陽子さん

チャリティー朗読会を開く『手毬会』を主宰する

中尾 陽子さん

上粕屋在住 70歳

11月1日号

芳賀 光子さん

伊勢原南公民館主催の薬膳料理教室で講師を務めた

芳賀 光子さん

東富岡在住 72歳

10月25日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 台風19号被災支援を議論

    令和元年度 第3回定例会 11月補正予算案 県政報告Vol.35

    台風19号被災支援を議論

    神奈川県議会 渡辺のりゆき

    11月29日号

あっとほーむデスク

  • 12月6日0:00更新

  • 11月15日0:00更新

  • 10月11日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

伊勢原版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク