伊勢原版 掲載号:2015年6月5日号 エリアトップへ

チャレンジデー 市全体で健康運動 敗戦するも参加率10%上昇

スポーツ

掲載号:2015年6月5日号

  • LINE
  • hatena
市内各地で楽しみながら体を動かした
市内各地で楽しみながら体を動かした

 人口規模がほぼ同じ自治体同士で、1日15分以上の運動をした住民の参加率を競う全国的なスポーツイベント「チャレンジデー2015」が、5月27日に開催された。今年が2回目の参加となる伊勢原市は、山形県鶴岡市と対戦した。

 当日は青空の下、市内の総合運動公園や公民館で行われた体操やウォーキング、ヨガ、野球などに多くの市民が参加し、楽しみながら汗を流した。

 伊勢原市では、負けた前大会での結果を踏まえ、小中学校で地域住民が参加できる交流イベントを実施。また、駅で事前PR活動を積極的に行うなど入念に企画・準備をした。結果、49421人の住民が参加。前回より参加率は10%アップの49%を記録した。しかし、鶴岡市の参加率は57%で惜しくも敗戦となった。

 また、開催翌日の28日からは市庁舎メインポールに伊勢原市旗と鶴岡市旗が掲揚され、互いの健闘を称えた。鶴岡市とは、大会前にエール交換、大会後も地域特産品の交換などを行い、チャレンジデーをきっかけに親交を深めた。

 市スポーツ課は、「運動は継続することが大切。チャレンジデーという1つのイベントが、多くの市民の健康運動のきっかけになれば嬉しい」と話す。

伊勢原市と鶴岡市(左)の旗が並ぶ
伊勢原市と鶴岡市(左)の旗が並ぶ

伊勢原版のローカルニュース最新6

事前説明会に2陣営

事前説明会に2陣営 政治

伊勢原市長選挙

8月7日号

シカ肉をミートボールに

お食事処しいの木

シカ肉をミートボールに 社会

市内産ジビエで地産地消

8月7日号

代替イベントにぎわう

大納涼まつり

代替イベントにぎわう 経済

来年開催へ”灯”繋ぐ

8月7日号

「感謝の気持ちで」

「感謝の気持ちで」 社会

光明院で代替わり

8月7日号

「夏休みの思い出に」

「夏休みの思い出に」 教育

初の収穫体験会

8月7日号

PKに泣き最下位転落

ベルマーレ

PKに泣き最下位転落 スポーツ

今季5度目の1点差ゲーム

8月7日号

あっとほーむデスク

  • 7月31日0:00更新

  • 6月12日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年8月7日号

お問い合わせ

外部リンク