伊勢原版 掲載号:2015年6月19日号 エリアトップへ

6月23日から始まる写真講座「大山を撮ろう!」の講師を務める 辰野 貴史さん 池端在住 42歳

掲載号:2015年6月19日号

  • LINE
  • hatena

エベレストに導かれた人生

 ○…職業はカメラマン。世界の山々が主な仕事場だ。映像とスチル写真の両方を扱い「世界の果てまでイッテQ!」や「THE世界遺産」など数多くのテレビ番組を撮影してきた。そんな実績で市観光協会から講師の打診を受けたのは今年4月。「市民として貢献できることがあるなら喜んで」と快諾した。「アングルや構図で写真は変わります。その面白さをお伝えしたい」と意気込んでいる。

 〇…福岡県に生まれた。硬式野球に打ち込むスポーツ少年で「明るく元気な目立ちたがり屋」だったそう。父の海外赴任で小学6年からの1年あまりをロンドンで過ごし、帰国してからは福岡県内の中学と高校に学んだ。卒業後に上京。横須賀市内に暮らし、関東学院大学理工学部に通い始めた。そんなある日、同級生が1枚の写真を見せてくれた。猛々しくも美しい槍ヶ岳に感銘を受け、登山に関心を持つようになった。

 〇…在学中は丹沢の鍋割山に始まり、県内各地の山に次々と向かった。自然に身を置く心地よさと湧き出る冒険心に喜びを覚え、山の虜になった。24歳の時には、北アルプスの山小屋で住み込みのアルバイトも経験。そこで知り合ったネパール人従業員から毎晩のようにエベレストの話を聞き、世界最高峰の踏破を夢見るようになった。山岳カメラマンを志したのもこの時期。独学で技術を習得し、2004年から3年間、ネパールに移住。登山客に同行するカメラマンとして働いた経験が今を支えている。

 〇…帰国後、2008年に結婚。「初デートが大山登山だった」という縁もあり、ほどなく伊勢原に移り住んだ。現在は親子3人で暮らし、市内企業の広告撮影なども請け負っている。せわしい毎日の中、夫婦で旨酒を酌み交わすのが至福のひと時だ。これまでエベレストには4回登り、7500m地点まで到達した。「空が宇宙のようでした。いつか頂上から見てみたいですね」。夢は終わらない。

伊勢原版の人物風土記最新6

小林 智浩さん

11月24日(日)に定期演奏会を開くSANNOウインドオーケストラの事務局長を務める

小林 智浩さん

産業能率大学出身 36歳

11月15日号

江口 みなさん

産業能率大学第41回瑞木祭実行委員会の代表を務める

江口 みなさん

産業能率大学3年 20歳

11月8日号

中尾 陽子さん

チャリティー朗読会を開く『手毬会』を主宰する

中尾 陽子さん

上粕屋在住 70歳

11月1日号

芳賀 光子さん

伊勢原南公民館主催の薬膳料理教室で講師を務めた

芳賀 光子さん

東富岡在住 72歳

10月25日号

中台 和子さん

県自立支援功労者表彰を受賞した

中台 和子さん

沼目在住 73歳

10月18日号

小木 淳一 さん

伊勢原市児童発達支援センター「おおきな樹」の施設長を務める

小木 淳一 さん

 43歳

10月11日号

中村 詩菜(しいな)さん

第52回伊勢原観光道灌まつりのポスターをデザインした

中村 詩菜(しいな)さん

東海大学教養学部3年 21歳

10月4日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 議会報告会を開催します

    伊勢原市議会 会派「いせはら未来会議」 会派報告

    議会報告会を開催します

    伊勢原シティプラザで11月23日(祝)

    11月15日号

あっとほーむデスク

  • 11月15日0:00更新

  • 10月11日0:00更新

  • 8月9日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

平成の日本文芸

参加者募集

平成の日本文芸

読んでおきたい10作

11月24日~11月24日

伊勢原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

伊勢原版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク