伊勢原版 掲載号:2015年8月28日号 エリアトップへ

9月13日に文化会館で行われる、伊勢原市合気道会15周年記念大会の大会会長を務める 鈴木 裕也さん 伊勢原在住 47歳

掲載号:2015年8月28日号

  • LINE
  • hatena

地元愛が明日の原動力

 ○…柔道、剣道、弓道、相撲、空手、少林寺拳法…。数あるなかでも「合気道」は、勝敗を決めない武道だ。「相手に勝るためではなく、今の自分を超えるための道が合気道だと思います」。市武道館で活動している「伊勢原市合気道会」の発足から師範の弟子として稽古を積み、このほど設立15周年記念大会の大会会長に指名された。当日は市内外から100人以上が集まって演武を披露する。「与えられた責任は大きいですが、これも稽古と捉えて頑張ります」と意気込む。

 〇…伊勢原に生まれた。小さいころから強い人間にあこがれ、小中学校では剣道、高校では柔道を習った。20歳を過ぎたころ家業の販売店を引き継ぎ、「仕事も生活も地元密着でいこう」と決意。地域活動にも熱心で、地元消防団で20年間、中沢中学校や伊勢原高校のPTA会長なども務めた。現在は、駅前中央商店会の副会長として道灌まつりの準備に取りかかっている。「前に出るのは苦手な方」と頭をかくが地元愛を原動力に活動してきた。「自分が伊勢原のお役に立てるのなら喜んで」と笑顔だ。25歳で結婚し、現在は家族4人で暮らす。

 〇…合気道を始めるきっかけは一本の映画だった。「刑事ニコ/法の死角」(1988年・米国)で主演のスティーヴン・セガールがみせた合気道を観て、強い者へのあこがれが去来した。32歳で伊勢原市合気道会に入り、今では二段の腕前。合気道の醍醐味を「終わりがないところ」と語る。「相手に勝つというゴールがないので『昨日より今日、今日より明日』と続けていく。まさに生涯武道ですね」

 〇…趣味はドライブで、愛車のウラルサイドカーで箱根や三島を旅するのが何よりの時間だ。「オートバイに乗るようになったのも、カッコいいなと思ったのがきっかけ。いつまでも子どもですね」とにっこり。飾らない人柄と笑顔が「大好きな伊勢原」のまちに溶け込んでいる。

伊勢原版の人物風土記最新6

中台 和子さん

県自立支援功労者表彰を受賞した

中台 和子さん

沼目在住 73歳

10月18日号

小木 淳一 さん

伊勢原市児童発達支援センター「おおきな樹」の施設長を務める

小木 淳一 さん

 43歳

10月11日号

中村 詩菜(しいな)さん

第52回伊勢原観光道灌まつりのポスターをデザインした

中村 詩菜(しいな)さん

東海大学教養学部3年 21歳

10月4日号

神林 馨さん

厚労省から百歳高齢者表彰され、「地域で話題の高齢者」としても紹介された

神林 馨さん

桜台在住 101歳

9月27日号

関野 高弘さん

一般社団法人 秦野伊勢原医師会の会長を務める

関野 高弘さん

秦野市尾尻在住 62歳

9月20日号

中村 正美さん

伊勢原市消防団女性団員部長を務める

中村 正美さん

西富岡在住 60歳

9月13日号

懸田 征也さん

伊勢原ちょい呑みフェスティバル実行委員会の実行委員長を務める

懸田 征也さん 社会

高森在住 21歳

9月6日号

あっとほーむデスク

  • 10月11日0:00更新

  • 8月9日0:00更新

  • 7月26日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

伊勢原版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク