伊勢原版 掲載号:2015年9月25日号 エリアトップへ

事故ゼロへ決意あらた 伊勢原駅周辺で街頭キャンペーン

社会

掲載号:2015年9月25日号

  • LINE
  • hatena
地蔵に手を合わせる田中署長
地蔵に手を合わせる田中署長

 市民に交通安全を呼びかける街頭キャンペーンが9月18日、伊勢原駅周辺で行われた。「秋の全国交通安全運動」(9月21日から30日)に合わせて行われたもので、伊勢原警察署のほか、関係団体からおよそ50人が参加した。

 当日は市内交通4団体(伊勢原交通安全協会、伊勢原安全運転管理者会、伊勢原青少年交通安全連絡協議会、伊勢原市交通安全母の会)、地域婦人団体連絡協議会、県自動車ディーラー交通安全対策推進協議会、日産テクニカルセンター地域貢献グループ、老人クラブ連合会のほか、高山松太郎市長、渡辺紀之県議もタスキをかけて参加した。

 参加者たちは駅利用者に啓発物品を配りながら「交通安全を」、「交通事故ゼロ」などと、1時間にわたって呼びかけた。

「佐藤地蔵」に安全願う

 キャンペーンに先がけて関係者たちは、県道伊勢原藤沢線、下谷交差点の脇にある下谷地蔵尊を訪れた。

 地蔵尊は1968年5月、同所で大型ダンプカーと激突して殉職した佐藤昌司警部補(当時21歳)の慰霊碑として69年に遺族らによって建てられた。「佐藤地蔵」とも呼ばれ、毎年、警察官や関係者が慰霊に訪れている。

 5月3日、自動車同士の衝突事故が同所で発生し、地蔵の一部が破損してしまった。遺族の意向で新しい地蔵に取り替えられることになり、7月から8月にかけて魂抜き、魂入れの祈とうが執り行われた。伊勢原警察署の杉本彰副署長は「交通事故ゼロの社会を目指して一人ひとりが決意を新たにすることが大切です」と話した。

駅利用者に事故ゼロを呼びかけた
駅利用者に事故ゼロを呼びかけた

伊勢原版のローカルニュース最新6

平均工賃が1年で倍増

CLOSE UP

平均工賃が1年で倍増 社会

就労継続支援B型 地域作業所ドリーム

11月26日号

日本の伝統文化を学ぶ

日本の伝統文化を学ぶ 文化

自修館の生徒が茶道体験

11月26日号

28日に素人落語大会

入場無料

28日に素人落語大会 文化

市民文化会館小ホール

11月26日号

東日本大会で3位

伊勢原クラブ

東日本大会で3位 スポーツ

中学生の選抜チーム

11月26日号

自宅療養者をサポート

秦野伊勢原医師会

自宅療養者をサポート 社会

「神奈川モデル」導入

11月26日号

笑顔溢れた2日間

笑顔溢れた2日間 社会

大句地区で文化祭

11月26日号

あっとほーむデスク

  • 11月19日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook