伊勢原版 掲載号:2015年10月30日号 エリアトップへ

11月3・4日に行われる「伊勢原ちょい呑みフェスティバル」の実行委員長を務める 沢藤 春花さん 産業能率大学3年 20歳

掲載号:2015年10月30日号

  • LINE
  • hatena

夢を形に 前へ前へ

 ○…地域の活性化を目的に各地で開かれている「ちょい呑みフェスティバル」。おもに地元の飲食店主たちが音頭をとって行うのが一般的だが、伊勢原は違う。「大学生が企画、運営する面白さと、その一方にある難しさも痛感しています。地域の方々に助けられながら準備を進めています」。3年前から産業能率大学の学生が主体となってイベントは開催され、その中心となる実行委員会の委員長を務めている。今年の委員は5人。「お店とお客様が一体で楽しめる2日間になれば」と準備にも熱がこもる。

 ○…大阪府に生まれた。父の転勤で就学前に相模原市に移り、その翌年からは中国上海の日本人学校へ。さらに2年後には再び相模原市に戻り、現在も暮らす。「関西弁と中国語の”二か国語”が話せましたよ」と幼少期を笑顔で振り返る。転機は、高校1年生の時。当時、ファンだったアイドルのコンサートに行った時のこと。豪華絢爛なステージと5万人の観衆が一体になった空間に圧倒された。「熱狂の中に感動もあり、忘れがたい記憶として残りました。初体験でしたね」

 ○…「感動を受け取る側から創る側に立ってみたい」と、高校卒業後は産業能率大学の情報マネジメント学部に進学した。ゼミでは音楽の著作権などを学び、今年の夏には都内のイベント運営会社にインターンとして入り、舞台裏のさまざまな仕事を体験した。現在、力を注いでいるちょい呑みフェスティバルへの参加は、まっすぐ見据える先の一里塚でもあるようだ。

 ○…学業やフェスティバルの準備で、週の大半を伊勢原で過ごす。今後は就職活動も始まり、多忙の毎日が続くが、不安でなく期待を胸に前を向く。「たとえ理想と現実のギャップに直面しても、悔いなく向かっていこうと思います。自分がどこまで進めるか楽しみにしているんです」。趣味の映画鑑賞は少しお預けにして、「夢を形に前へ前へ」と今この時を歩んでいる。

伊勢原版の人物風土記最新6

松本 鉄雄さん

伊勢原市柔道協会の会長を務める

松本 鉄雄さん

沼目在住 66歳

1月28日号

押手 和久さん

いせはら独楽チャンピオンシップ実行委員会の事務局長を務める

押手 和久さん

31歳

1月21日号

中村 元彦さん

(一社)神奈川県サッカー協会初の技術担当専任(現FAコーチ)を務める

中村 元彦さん

横浜市緑区三保町在住 50歳

1月14日号

内山 実奈美さん

2022年成人式実行委員会の実行委員長を務める

内山 実奈美さん

笠窪在住 20歳

1月7日号

青木 孝幸さん

伊勢原青年会議所の第45代理事長に就任した

青木 孝幸さん

東大竹在住 39歳

1月1日号

丸山 孝さん

一般社団法人「マモリヤ」の代表理事を務める

丸山 孝さん

粟窪在住 43歳

12月24日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月24日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook