伊勢原版 掲載号:2016年1月22日号 エリアトップへ

伊勢原交通安全協会 27年ぶり全国表彰 「死亡事故ゼロ継続」へ意欲

社会

掲載号:2016年1月22日号

  • LINE
  • hatena
表彰状を持つ飯塚会長(左)と板橋事務長
表彰状を持つ飯塚会長(左)と板橋事務長

 第56回交通安全国民運動中央大会(主催/(一財)全日本交通安全協会ほか、後援/内閣府ほか)の本会議が1月15日、日比谷公会堂(東京都千代田区)で開かれ、伊勢原交通安全協会(飯塚武彦会長)が優良交通安全協会表彰を受けた。交通事故防止に顕著な功績を挙げた団体に贈られる全国表彰で、同協会の受賞は1989年(平成元年)以来、27年ぶり。

 この大会は、安全で快適な交通社会の実現を目指して毎年開催されているもの。交通功労団体・個人に対する表彰のほか、各団体の活動発表などが行われる。

 今年の式典には、全国の交通関連団体、関係者らおよそ2千人が来場。安倍晋三首相の代理として出席した萩生田光一官房副長官、山崎正昭参議院議長など多数の来賓もかけつけ、秋篠宮両殿下もご臨席された。

 伊勢原交通安全協会が受賞した優良交通安全協会表彰は、全国の58協会に贈られ、県内では同協会と浦賀交通安全協会(横須賀市)が受賞した。27年ぶりの受賞に飯塚会長(51歳)は「単年の取り組みが評価されたのではなく、これまでの長きにわたる活動がたたえられたもの」と話し、歴代の協会関係者をねぎらった。

沿革

 同協会は、1947年(昭和22年)、「伊勢原地区交通安全協会」として伊勢原警察署内に発足。67年に「伊勢原交通安全協会」に改称し、現在は伊勢原警察署の横に事務所を構える。

 協会に加入しているドライバーからの会費をもとに、役員、交通指導員、地域交通安全活動推進委員などを中心に、警察署、市、関係団体と連携して活動を行っている。多発する高齢者の事故防止対策を目的とした「交通安全ゲートボール大会」の開催、伊勢原観光道灌まつりでの「安全・安心パレード」、県交通安全協会が主催する「交通安全こども自転車大会」への出場のほか、定期的な駅頭キャンペーン、学校や企業への出張交通安全教室など取り組みは多岐にわたる。毎年3月には、新小学1年生にランドセルカバーの寄贈も行っている。

 こうした市内の交通関係団体、個人の取り組みが実を結び、伊勢原署管内では2014年10月10日を最後に死亡事故が発生していないという。

 飯塚会長は「450日を超えた死亡事故ゼロを継続できるよう、引き続き活動に注力していきたい。とくに増加傾向にある二輪車事故の防止を呼びかけたい」と今後の抱負を語った。

オカリナキッチン

大山とうふメンチカツ シフォンケーキ・プリン

https://www.facebook.com/ocarinakitchen

軽費老人ホーム 大山ホーム

「ただいま」と「おかえり」がある空間

www.oyamahome.com/

<PR>

伊勢原版のトップニュース最新6

東京オリンピック出場へ

東京オリンピック出場へ スポーツ

伊勢原出身の4選手

7月23日号

まちの将来像 市民が議論

まちの将来像 市民が議論 政治

次期総合計画策定に向け

7月23日号

学生が観戦イベント考案

産業能率大学

学生が観戦イベント考案 教育

マネジメントの体験授業

7月16日号

市内8郵便局と連携

伊勢原市

市内8郵便局と連携 社会

4事業で包括協定締結

7月16日号

避難所の混雑可視化

伊勢原市

避難所の混雑可視化 コミュニティ政治

IT企業と協定締結

7月9日号

大学生が恋愛ドラマ制作

神戸在住水越さん

大学生が恋愛ドラマ制作 社会

同世代にエール込め

7月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter