伊勢原版 掲載号:2016年4月15日号 エリアトップへ

春の風物詩「花粉付け」 ナシの授粉作業がピーク

文化

掲載号:2016年4月15日号

  • LINE
  • hatena
作業は専用器具を使って行われる
作業は専用器具を使って行われる

 4月上旬からナシ畑に真っ白な花が咲き始めた。今年も伊勢原市内では、ナシ農家による授粉作業がピークを迎えている。

 市内田中で多田農園を営む多田光正さん(62歳)は、4月8日頃から授粉作業を開始。今年は3月末頃に低温の日が続いたため、例年に比べて少し遅めのスタートとなったという。

 授粉作業は、専用の器具を使って行われる。羽毛でできた凡天で、雌しべに花粉を付けていき、人工的に授粉させるというもの。

 50年以上にわたりナシの栽培が続けられている多田さんの畑の面積は、およそ40アール。およそ1週間かけて全ての花に花粉が付けられる。王道の幸水や豊水のほかに、新高も栽培している多田さんは、「伊勢原でできた梨はとっても美味しいので、出来上がりを楽しみにしてもらって、ぜひ多くの人に食べて欲しい」と話す。

 市内では毎年お盆頃に収穫のピークを迎える。収穫されたナシは農協の直売所に並ぶほか、北は北海道、南は沖縄まで全国に配送される予定。

 市広報広聴課によると、現在市内のナシの栽培面積は15・07 haで、59戸の農家が幸水や豊水、新水などの品種を生産している。

伊勢原版のローカルニュース最新6

渡辺県議が一般質問

渡辺県議が一般質問 政治

12月7日

12月3日号

写友クラブが作品展

写友クラブが作品展 文化

5日まで

12月3日号

駅前でイセハライチ

4日・5日

駅前でイセハライチ 経済

音楽祭も同時開催

12月3日号

麻薬撲滅活動を支援

麻薬撲滅活動を支援 社会

中央、平成両RCが寄付

12月3日号

優勝は麹家ペイ太郎さん

優勝は麹家ペイ太郎さん 文化

伊勢原初のアマ落語大会

12月3日号

大神宮で新嘗祭

大神宮で新嘗祭 文化

実りの秋に感謝

12月3日号

あっとほーむデスク

  • 11月19日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook