伊勢原版 掲載号:2016年4月22日号 エリアトップへ

日向薬師の例大祭 盛大に 神木のぼりで安全祈願

文化

掲載号:2016年4月22日号

  • LINE
  • hatena
口上を読み上げる修験者(上)、弓矢を射る修験者
口上を読み上げる修験者(上)、弓矢を射る修験者

 日向薬師宝城坊(内藤京介住職)で春季例大祭が4月15日に開催され、市内外から約千人が来場した。

 この例大祭は、「かながわのまつり50選」に選ばれている伝統行事。当日は本尊の御開帳のほか、修験者が高さ約5mのシイの木に登る「神木のぼり」を披露。本堂が改修中のため、今年も神木のぼりは林道途中の駐車場で行われた。

 神木のぼりは、山伏が修行入りする前に行う安全祈願の儀式。山伏に扮した修験者が弓矢を射て四方の邪気をはらい、不動明王の前で剣を振って煩悩を断ち切ってからシイの木に登る。木の上で家内安全や五穀豊穣などを祈願する口上文が読み上げられると、最後に護摩炊きが行われ、修験者と来場者は火渡りで身を清めていた。会場を訪れた日向在住の秋山竜子さんは、修験者の放った矢を獲得し大喜び。「家族全員が、何事もなく無事に一年を送れますように」と話した。

 来年以降、神木のぼりは境内で行われる予定。内藤住職は「本堂が修理中で不便な中、これだけ多くの方に来ていただけてありがたい。これからも伝統行事を続けていきたい」と話した。

 本堂の改修は9月末ごろ終了予定。11月20日に落慶法要が予定されている。

伊勢原版のローカルニュース最新6

渡辺県議が一般質問

渡辺県議が一般質問 政治

12月7日

12月3日号

写友クラブが作品展

写友クラブが作品展 文化

5日まで

12月3日号

駅前でイセハライチ

4日・5日

駅前でイセハライチ 経済

音楽祭も同時開催

12月3日号

麻薬撲滅活動を支援

麻薬撲滅活動を支援 社会

中央、平成両RCが寄付

12月3日号

優勝は麹家ペイ太郎さん

優勝は麹家ペイ太郎さん 文化

伊勢原初のアマ落語大会

12月3日号

大神宮で新嘗祭

大神宮で新嘗祭 文化

実りの秋に感謝

12月3日号

あっとほーむデスク

  • 11月19日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook