伊勢原版 掲載号:2016年4月22日号 エリアトップへ

善波に雨量計設置 集中豪雨に備えデータ公開

社会

掲載号:2016年4月22日号

  • LINE
  • hatena
雨量計が設置された備蓄庫、雨量観測マップ
雨量計が設置された備蓄庫、雨量観測マップ

 伊勢原市はこのほど、善波児童館(善波738)近くにある防災備蓄庫の屋根上に雨量計を設置した。近年の局所的大雨の増加などを受けての防災対策で、土砂災害などの避難勧告発令に役立てていくという。

右肩上がりの年間降水量

 伊勢原市の年間降水量の推移をみると、1994年から2014年にかけて、おおむね右肩上がりに増加。97年までは927㎜から約1300㎜を推移していたが、08年以降は1400㎜を上回っている。

 市内で発令された大雨警報は昨年度が5回、13年度・14年度ともに6回。特に13年4月6日に発生した集中豪雨では、1時間に80・5㎜と猛烈な雨を観測。住宅被害118件、道路被害29件、農道被害15件と大きな損害となった。近年全国各地で記録的大雨を観測しており、今年も警戒が必要だという。

 雨量計が新設された場所は、246号線沿いの土砂災害警戒区域内にあるため、避難勧告発令のための重要な判断材料となる。伊勢原市風水害ハザードマップによると、善波をはじめとした比々多地区には土砂災害警戒区域が13カ所存在。災害発生時に救援物資を運搬する主要道となる国道246号線の新善波トンネル付近も警戒区域に含まれており、迅速な避難勧告発令のためにも正確な雨量測定が求められていた。

雨量観測マップで確認を

 これまで市は、伊勢原消防署本部(伊勢原3丁目)、大山(茶湯寺北側)、成瀬中学校(高森2丁目)の3カ所に雨量計を設置し、各地の雨量データを観測・公開してきた。これらに善波を加えた4カ所の雨量計のデータを市民に有効活用してもらおうと、現在、市ホームページの防災ページには「いせはら雨量観測マップ」が掲載されている。マップには4カ所の時間雨量と累計雨量、消防本部での風速・気圧を10分間隔で更新。スマートフォンなどでも閲覧できるようになっている。

 市防災課担当者は「同じ市内でも地区によって降り方が違う。ハザードマップとあわせて確認して、いざという時に役立ててもらえたら」と話している。
 

伊勢原版のトップニュース最新6

再開発へ新たな船出

伊勢原駅北口

再開発へ新たな船出 政治

準備組合が設立

11月26日号

65歳以上 1月に発送へ

ワクチン3回目接種券

65歳以上 1月に発送へ 経済

給付金「迅速かつ確実に」

11月26日号

素人落語家が集結

素人落語家が集結 文化

28日に初の大会実施へ

11月19日号

大澤日菜さんが最優秀賞

県文化財保護ポスター事業

大澤日菜さんが最優秀賞 教育

1年生に続き2回目

11月19日号

防災情報など地図表示

伊勢原市

防災情報など地図表示 経済

国交省のシステム活用

11月12日号

東日本大会に出場へ

軟式野球伊勢原クラブ

東日本大会に出場へ スポーツ

市内5中学の選抜チーム

11月12日号

あっとほーむデスク

  • 11月19日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook