伊勢原版 掲載号:2016年7月29日号 エリアトップへ

伊勢原市消防本部 引揚救助で関東1位に 全国消防救助技術大会へ初進出

社会

掲載号:2016年7月29日号

  • LINE
  • hatena
伊勢原消防本部の隊員(同本部提供)
伊勢原消防本部の隊員(同本部提供)

 消防隊員が消防技術を競う「第45回消防救助技術関東地区指導会」が7月13日、神奈川県総合防災センターで行われ、伊勢原市消防本部が陸上の部「引揚救助」種目ではじめて1位に輝いた。同本部は関東代表として8月24日、愛媛県で開催される第45回全国消防救助技術大会に出場する。

 引揚救助は、地下やマンホールなどでの災害を想定した訓練種目。空気呼吸器を着装した状態でロープを用いて、要救助者を訓練塔へ引き上げる。採点は減点方式で、減点のないチームの中からタイムの早さで順位が決まる。

 関東地区指導会には、1都9県でそれぞれ大会を勝ち上がった24チームが参加。伊勢原市消防本部は神奈川県大会で3位となり、全国進出を目標に挑んだ。

 「県大会では減点されないようにとの思いで守りに入っていた。強い気持ちで攻めないと勝てない」。リーダーの牧総一郎さんが檄を飛ばし、隊員は団結した。当日は県大会でのタイムを約5秒上回る78・2秒で、減点なしのチーム中唯一の70秒台を記録。引揚救助でははじめて、消防本部としては21年前にほふく救出で出場して以来となる、全国消防救助技術大会への出場権を獲得した。

1日7時間訓練

 8月24日から愛媛県で行われる全国大会へ向け、隊員は南分署で1日おきに7時間の訓練に励んでいる。訓練責任者の安居院剛警備2課救助係長は「4月に隊員が2人入れ替わったにもかかわらず、短期間でここまで仕上がるのはすごい。ベテランを中心にバランスがいい」と評する。牧さんは「全国ははじめてなので楽しみ。行くからには1位をめざしたい」と話した。

 出場隊員は以下の通り(順不同・敬称略)。▽越地修平▽牧総一郎▽鈴木洸介▽高梨大洋▽三浦伊織

オカリナキッチン

大山とうふメンチカツ シフォンケーキ・プリン

https://www.facebook.com/ocarinakitchen

軽費老人ホーム 大山ホーム

「ただいま」と「おかえり」がある空間

www.oyamahome.com/

<PR>

伊勢原版のトップニュース最新6

東京オリンピック出場へ

東京オリンピック出場へ スポーツ

伊勢原出身の4選手

7月23日号

まちの将来像 市民が議論

まちの将来像 市民が議論 政治

次期総合計画策定に向け

7月23日号

学生が観戦イベント考案

産業能率大学

学生が観戦イベント考案 教育

マネジメントの体験授業

7月16日号

市内8郵便局と連携

伊勢原市

市内8郵便局と連携 社会

4事業で包括協定締結

7月16日号

避難所の混雑可視化

伊勢原市

避難所の混雑可視化 コミュニティ政治

IT企業と協定締結

7月9日号

大学生が恋愛ドラマ制作

神戸在住水越さん

大学生が恋愛ドラマ制作 社会

同世代にエール込め

7月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter