伊勢原版 掲載号:2016年8月12日号 エリアトップへ

小稲葉に灯る大山への道標 8月17日まで参詣者導く

社会

掲載号:2016年8月12日号

  • LINE
  • hatena
解説板を見学する参加者
解説板を見学する参加者

 大山の夏山開きの時期に合わせ、市内小稲葉地区で8月17日まで大山灯篭が点灯されている。

 大山灯篭は、大山参詣者への道案内に役立てようと、江戸時代に設置されたもの。小稲葉では現在、仲西、下之町、八坂前、大田の4カ所に置かれている。関東大震災や戦後の都市化によって灯篭行事が各地で途絶える中、小稲葉では地域住民によって脈々と引き継がれてきた。

今年から解説板設置

 今年は小稲葉の大山灯篭の由来を記した解説板がそれぞれ設置され、8月5日にはお披露目を兼ねた見学会が行われた。これは、伊勢原の歴史アドバイザーらで構成される「ISEHARA・おもてなし隊」(斉藤勢吾会長)によるもの。江戸時代から地域で守られてきた伝統を来訪者に知ってもらい、末永く引き継いでもらおうと実施された。

 お披露目会には高山松太郎市長をはじめ、ISEHARA・おもてなし隊のメンバーや地域住民ら約50人が来場。斉藤会長は「解説板を設置できたのも地域の方の協力があったからこそ。伝統を広く知ってもらえたら」と話していた。見学に訪れた市内桜台在住の荒井美千代さんは「江戸時代の旅人が、灯篭を頼りに歩いていたと考えるとロマンがある。子どもたちに誇れる伝統行事として、クローズアップしたい」と話した。

伊勢原版のローカルニュース最新6

渡辺県議が一般質問

渡辺県議が一般質問 政治

12月7日

12月3日号

写友クラブが作品展

写友クラブが作品展 文化

5日まで

12月3日号

駅前でイセハライチ

4日・5日

駅前でイセハライチ 経済

音楽祭も同時開催

12月3日号

麻薬撲滅活動を支援

麻薬撲滅活動を支援 社会

中央、平成両RCが寄付

12月3日号

優勝は麹家ペイ太郎さん

優勝は麹家ペイ太郎さん 文化

伊勢原初のアマ落語大会

12月3日号

大神宮で新嘗祭

大神宮で新嘗祭 文化

実りの秋に感謝

12月3日号

あっとほーむデスク

  • 11月19日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook