伊勢原版 掲載号:2016年10月28日号 エリアトップへ

全国逸品セレクション 花呉装がグランプリ ノンフード部門で初受賞

社会

掲載号:2016年10月28日号

  • LINE
  • hatena
逸品商品「たびりら」を持つ同店スタッフ
逸品商品「たびりら」を持つ同店スタッフ

 魅力ある店舗づくりをめざしてお店と逸品を競う「第5回全国逸品セレクション」(主催/NPO法人一店逸品運動協会)が10月20日、東京都中央区の東京八重洲ホールで開かれ、市内伊勢原の「きものサロン花呉装」がノンフード部門のグランプリに輝いた。

 このセレクションは、全国約30カ所で行われている逸品研究会から代表者が集まり、プレゼンテーションを経てフード部門・ノンフード部門でグランプリを決めるもの。今年も全国の逸品協会から選出されたフード9店、ノンフード8店が会場に集まった。

 花呉装は、「湘南ひらつか逸品プロジェクト」を代表しての出店。同店は京都に本社を持ち、伊勢原で創業25周年を迎える呉服店。魅力ある店舗づくりのため、2010年に誕生した「湘南ひらつか逸品プロジェクト」にスタートから参加したという。同プロジェクトでは各店の逸品を紹介する小冊子の発行をはじめ、実際に逸品を紹介する「お披露目会」、勉強会などを実施。現在は伊勢原からも6店舗が参加している。花呉装の數井利次さんは「プロジェクトの活動は自店の商品を見直し、お店について考える良い機会になっています」と話す。

 セレクションでは「いい日、足袋達」をテーマに、同店の取り組みをベースに倉敷生まれの「たびりら」を紹介。この商品は數井さんが同店で扱う商品を探しに関西方面を回っていた時に発見したもの。軽くて素足感覚の履き心地と、大地を踏む感触がリラックスできるといい、和の装いをトータルコーディネートする同店のコンセプトにぴったりだったという。審査では、商品を通じたお店の姿勢なども高く評価され、ノンフード部門で見事グランプリに輝いた。數井さんは「グランプリを頂いたことは大変ありがたい。多くの人が気軽に入れる呉服店をめざして、しっかりしたものをお客様に提供し、和の素晴らしさを皆さんに伝えていきたい」と話した。

オカリナキッチン

大山とうふメンチカツ シフォンケーキ・プリン

https://www.facebook.com/ocarinakitchen

軽費老人ホーム 大山ホーム

「ただいま」と「おかえり」がある空間

www.oyamahome.com/

<PR>

伊勢原版のトップニュース最新6

東京オリンピック出場へ

東京オリンピック出場へ スポーツ

伊勢原出身の4選手

7月23日号

まちの将来像 市民が議論

まちの将来像 市民が議論 政治

次期総合計画策定に向け

7月23日号

学生が観戦イベント考案

産業能率大学

学生が観戦イベント考案 教育

マネジメントの体験授業

7月16日号

市内8郵便局と連携

伊勢原市

市内8郵便局と連携 社会

4事業で包括協定締結

7月16日号

避難所の混雑可視化

伊勢原市

避難所の混雑可視化 コミュニティ政治

IT企業と協定締結

7月9日号

大学生が恋愛ドラマ制作

神戸在住水越さん

大学生が恋愛ドラマ制作 社会

同世代にエール込め

7月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter