伊勢原版 掲載号:2016年10月28日号 エリアトップへ

11月2日から菊花展を行う秋豊会で会長を務める 秋山 美好さん 日向在住 76歳

掲載号:2016年10月28日号

  • LINE
  • hatena

365日 菊ひとすじ

 ○…朝起きると、一番に菊の様子を見に外へ出る。それは「ほんの少しの手入れ不足が大きく花の見た目に表れてしまう」から。繊細で手がかかるからこそ育て甲斐があるという。「秋豊会」は、そんな菊好きのメンバー33人で活動している。11月2日からは会員たちが育てた様々な種類の菊およそ200点が展示される『菊花展』を総合運動公園で開催。「きれいな花を見に来てください」

 ○…生まれも育ちも伊勢原市。5人兄妹の長男として、実家の石材店を手伝いながら自身で酪農を始めた。親戚が菊好きだったことをきっかけに菊作りを始めると、いつしか夢中に。日向地区周辺で40年程前に結成された秋豊会には設立当初から所属し、日々菊作りの勉強をしてきた。10年前には酪農をやめ、菊の道一本へ。現在は会で月に1回、菊の育て方の講習会も実施し、初心者に技を伝授している。「良いことはみんなで共有していくことで、会が長続きしていけば」と思いを語る。

 ○…自宅には飾りきれないほどのトロフィーや楯が並ぶ。県内4カ所で開催される菊花展に毎年出品し、各展で賞を受賞してきた。中でも寒川神社菊花展の楯を眺め「欲しくてたまらなかった賞なんです」と笑顔に。過去には、運送途中に一番の出来栄えの菊を倒して折ってしまったことも。「その時は1番はとれなかったけど、すごく思い出に残っている」と振り返る。

 ○…他に趣味はという問いには「ない」ときっぱり。「育てているときは苦労ばかりだけど、きれいに咲いた時はやっぱり感動する」と菊作りの魅力を話す。しかし、最近は愛好家も減り会員数も減少傾向に。年齢層も高くなり、展示の準備が大変になってきたという。「今後は若手の力ももっと欲しい。展示を見て興味をもってもらえたら」と話す。『菊作りは13カ月』と言われ、今年も菊花展の開催とともに来年に向けた準備が始まる―。

オカリナキッチン

大山とうふメンチカツ シフォンケーキ・プリン

https://www.facebook.com/ocarinakitchen

軽費老人ホーム 大山ホーム

「ただいま」と「おかえり」がある空間

www.oyamahome.com/

<PR>

伊勢原版の人物風土記最新6

高橋 優花さん

東京五輪の聖火リレー代替イベントでトーチキスを行った

高橋 優花さん

高森在住 41歳

7月23日号

久保 大翔(ひろと)さん

桜台の「風海」でアニメーション作品展を開催している

久保 大翔(ひろと)さん

笠窪在住 21歳

7月16日号

鈴木 教之さん

自身の水彩画作品展をアゼリアで開催している

鈴木 教之さん

下糟屋在住 69歳

6月25日号

齊藤 靖男さん

伊勢原手作り甲冑隊の第4代隊長に就任した

齊藤 靖男さん

 77歳

6月18日号

瀬尾 茂さん

伊勢原市商店会連合会の会長に就任した

瀬尾 茂さん

桜台在住 58歳

6月11日号

八島 満雄さん

第27代伊勢原市議会議長に就任した

八島 満雄さん

石田在住 78歳

6月4日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter